ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

【最終戦?】「ゆ~ていファンド」VS「S&P500指数」

   

個別株投資をやるからには、S&P500指数に勝ちたい!

2017年9月から、ドルコスト平均法で積み立てているVOOと私が好き勝手に買っている個別米国株のパフォーマンスを比較しています。

比較は今回で7回目、過去6回はすべて私の個別銘柄群が勝ちました。

7回目となる今回も当たり前のように勝ちました。

正直もう勝負はついたかな、と思います。

VOOとの比較は今回で最後とする予定です。

 

1回戦>>>【1回戦】「ゆ~ていファンド」VS「S&P500指数」

2回戦>>>【2回戦】「ゆ~ていファンド」VS「S&P500指数」

3回戦>>>【3回戦】「ゆ~ていファンド」VS「S&P500指数」

4回戦>>>【4回戦】「ゆ~ていファンド」VS「S&P500指数」

5回戦>>>【5回戦】「ゆ~ていファンド」VS「S&P500指数」

6回戦>>>【6回戦】「ゆ~ていファンド」VS「S&P500指数」

最終戦時点でのゆ~ていファンド内訳

2020年9月27日現在、以下の13種類の米国株個別銘柄に投資しています。

  • AAPL(アップル)
  • ADBE(アドビシステムズ)
  • AMZN(アマゾン・ドット・コム)
  • COST(コストコ)
  • CRM(セールスフォース・ドットコム)
  • JNJ(ジョンソン・アンド・ジョンソン)
  • LMT(ロッキード・マーティン)
  • MA(マスターカード)
  • MCD(マクドナルド)
  • NEE(ネクステラ・エナジー)
  • OKTA(オクタ)
  • V(ビザ)
  • MSFT(マイクロソフト)

ADBEとLMTとNEEが加わり、GOOGが抜けました。

9月にナスダックを中心に調整があり、今まで大して上がっていないGOOGも大層下げていたので、弱い銘柄と判断して入れ替えました。

ADBEはDX、LMTは軍事、NEEは自然エネルギーと今後有望な分野と見込んだので新規投資です。

期待外れの銘柄は除去し、有望な銘柄のみを残すことを意識してやっています。

比較結果

VOOと個別銘柄群の損益率を出してみました。

利益・損失確定した金額や配当金は含めません。

多分配当・利確の金額ともに個別銘柄群の方が上なのでVOOに対するハンデです。本当は面倒なだけ。

VOO

  • 1回戦の損益率:+13.94%
  • 2回戦の損益率:+13.95%
  • 3回戦の損益率:+23.82%
  • 4回戦の損益率:+15.67%
  • 5回戦の損益率:+19.82%
  • 6回戦の損益率:ー2.16%
  • 最終戦の損益率:+24.91%

ゆ~ていファンド

  • 1回戦の損益率:+18.47%
  • 2回戦の損益率:+17.72%
  • 3回戦の損益率:+35.63%
  • 4回戦の損益率:+28.67%
  • 5回戦の損益率:+32.09%
  • 6回戦の損益率:+13.47%
  • 最終戦の損益率:+52.37%

グラフ

縦軸が損益率、横軸が時間軸です。

オレンジは個別銘柄群、青はVOOです。

時間経過とともに差が開いてますね。

感想

9月はナスダックが荒れて私のポートフォリオも相当傷みました。

少し前に含み益状態のGOOGを利益確定して、その代わりにADBE、NEEに新規投資し、おまけにVとJNJにも追加投資をしたから、今損益率を出すのは不利な状態のはずでした。

それでもVOOに圧勝です。

この3年半は本当にいろいろなことがありました。トランプラリー、高金利警戒の大幅調整、ブラッククリスマス、コロナショック、ハイテクプチバブル。

様々な地合を体験したけれど、一度たりともVOOに後れを取ったことがありません。

3年半比較すれば十分でしょう。

VOOを愚直に積み立てるよりも、私が好きな銘柄を買い好きなタイミングで売買したほうがパフォーマンスが出る!

そんなわけで、VOOを買うのは2020年で最後にし、2021年以降は個別株のみでやっていこうと思います。

 - 米国株