ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。(旧ブログ名:81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える)

*

米国株を始めるきっかけとなったサイト

      2018/06/28

2015年11月に米国高配当株で構成されるETFであるVYMへの投資を決め、2016年3月からは米国個別株であるPG(P&G)への投資を開始しました。

早いもので、それから2年以上経過しました。

米国株投資をはじめた当時は、今(2018年現在)のように米国株に関する情報は豊富ではありませんでした。

しかし、当時から米国株投資を勧めるサイトは存在していました。

私が米国株投資に出会えたのは、そのサイトがきっかけとなったからです。

おっさん氏が運営されている「打倒!金持ち父さん 戦略的金持ちへの道」というサイトです。

サイトとの出会い

資産運用を真剣に考え始めた2015年8月、好調だった毎月分配型投信とインデックス投信の定期的な買い増しをコアにするつもりでした。(当時は毎月分配型投信が隆盛を誇っていたのです)

しかしチャイナショックで毎月分配型投信の基準価額は大幅下落し、その悪評を身を以て知ることになり、早々に投資対象から外そうと考えました。

国内株、先進国株、新興国株、国内REITを対象としたインデックス投信を毎月定期購入していき、これを以て資産運用していこうとも思いましたが、本当にそれで良いのか、10年20年と付き合うべきベストな方法なのか、ノドに魚の骨が引っかかったような違和感のようなものも感じました。

もっと何か良い方法があるんじゃないか?

そう考えてネットをさまよっているうちにたどり着いたのが「打倒!金持ち父さん 戦略的金持ちへの道」というサイトでした。

2015年10月ごろのことです。

ドルを持つという考え方、アメリカの株を持つという発想

サイト運営されているおっさん氏は、異次元緩和を続けている日本はいずれ国債の買い取り手が不在となり、国債価格が暴落し、諸外国からの信用を失い円も暴落する、ハイパーインフレがやってくる、と持論を述べられています。

その逃避先が、世界最強国家であるアメリカの基軸通貨・ドルである、と。

日本円だけ持っているのはリスクである、と。

資産を守るならドル建てMMFがベストだし、増やそうと考えているのなら米国株だ、と。

覇権国家たるアメリカの株は、あらゆる面で日本株より優れている、と。

P&G、コカコーラ、アップル、グーグル、アマゾンといった世界的に有名な企業に直接投資できる、と。

 

目から鱗でした。

ドルを持つ。アメリカの株に投資する。

このような考え方があるとは。

想像してもいませんでした。

投資といえば日本株やインデックス投信が中心だと考えていたのに、P&Gやアップルといったアメリカの株を日本の証券会社経由で投資できると、知りもしませんでした。

サイトとの出会いに感謝!!

こうして、10年20年と付き合うに値する投資先と出会うことができました。

投資の奥深さに魅了され、2015年11月にはブログまで始めてしまいました。

2018年現在は、2015年に比べると米国株に関する情報が本当に多くなりました。

しかし、日本からアメリカ株を投資できると知らない人が、きっと今でも大勢いらっしゃるのではないかと思います。

もしかしたら、2015年秋の時点で、米国株投資の可能性に気付いた私は大変運が良いのかもしれません。

米国株投資への道を開いてくれた「打倒!金持ち父さん」と、サイトを運営されているおっさん氏には感謝してもしきれません。

 

関連記事です。

ブログを始めたばかりの2015年11月29日にエントリーした記事で、アメリカへの長期投資の有用性を未熟ながらも精一杯アピーリした内容です。完全に「打倒!金持ち父さん」の影響を受けていますね。

記事を読む>>>長期投資は断然アメリカ

 

2016年1月6日のエントリー記事で、iPhone6S減産の影響でアップル(AAPL)と、日本の関連企業が下落したことを記事にしています。米国株デビューに向けて情報収集中でした。しかしAAPLの株価102.71ドルとは。しかも当時はさらに下がると考えている。欲張らずにさっさと思い切って買え!と過去の自分に言いたいです(笑)

過去の記録が鮮明に残るブログって、やっぱりおもしろいです。

記事を読む>>>Apple関連株が下落・・・Appleは失速するのか?

 - 米国株