ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

2020年10月30日現在の米国株保有状況

   

二か月に一度の米国株状況整理記事です。

さすがに8月までに上がり過ぎたためか、調整が入りました。

大統領選が近いこともあり市場は不安定です。

2020年10月30日 米国株保有状況

米国株保有状況

ティッカー 比率(%) 平均購入株価 現在株価 損益(%)
AAPL 9.4 30.01 110.45 268.10
ADBE 2.2 480.00 458.00 -4.58
AMZN 9.0 2089.67 3151.04 50.79
COST 6.4 226.92 362.01 59.53
CRM 3.9 155.39 236.00 51.87
JNJ 4.9 124.18 137.25 10.53
LMT 3.2 368.81 349.76 -5.16
MA 3.7 271.90 291.97 7.38
MCD 5.5 142.29 213.97 50.38
MSFT 9.6 115.25 203.29 76.39
NEE 2.8 69.25 73.45 6.06
OKTA 3.6 132.48 217.00 63.80
V 7.9 152.47 183.90 20.62
VOO 17.4 242.74 301.03 24.01
VYM 10.6 77.31 79.51 2.85
合計 36.31

前回の保有状況>>>2020年8月29日現在の米国株保有状況

 

全体として36.31%の含み益です。

2か月前は51.96%の含み益だったのでこの二か月でかなり含み益が減ったことになります。

4か月前が+28.98%でしたので、それに比べれば順調と言えます。

9月10月で正常値に巻き戻ったと捉えることもできますね。

なお、この間にGOOGは売却し、代わりにADBEとNEEを買いました。

米国株保有比率

VOOが最大勢力、VYMが二番手、これにMSFTとAAPLとAMZNといったGAFAM銘柄が続きます。

Vは特に軟調な期間ですが、保有比率としては上位です。

下位のLMT、NEE、ADBEに関してはもっと欲しいと思ったら買い足したいです。

時系列

今回から過去と現在の原本、および評価額の変動をグラフ化してみました。

データは2017年3月からありましたので、これを起点とします。

順調に資産が育っていってくれています。

2020年はコロナショックなのでやや多めに突っ込んでいます。

やはり2020年8月というのは異常だった、というのがグラフからわかりますね。

現在時点でもやや評価額が高い気がするので、もう少し調整の余地がありそうにも思えます。

感想

2020年8月の異常な資産上昇はやはりプチバブルだったみたいです。

ネット上で浮かれた内容をよく目にしましたので、過去の傾向から天井ではないかと怪しんでいましたがそのとおりになりました。

私の含み益50%というのも幻でした。実力で含み益50%に到達するのはいつの日になるのやら、です。

今は大分正常な範囲に戻ってきたのではないでしょうか。

大統領選とコロナによるノイズが激しいですが、冷静に市場を見ていきたいです。

 - 米国株_保有状況