81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

2017年7月4日現在の米国株保有状況公開

      2017/07/05

本ブログでは隔月で米国株保有状況を公開しております。

以前の公開が5月5日のこどもの日で、2か月が経過しましたので、本日を公開の日とします。

印象として、5月→7月もそれほど大きな変動は無く米国市場はいたって順調な印象なのですが、どのようになっているでしょうか。

2017年7月4日 米国株保有状況

米国株保有状況

ティッカー 数量 平均購入株価 評価額(ドル) 損益(ドル)
VYM 134 70.18 10519.00 1114.80
VOO 38 197.22 8456.90 962.21
IBM 40 161.28 6210.40 -241.17
KO 132 42.38 5917.56 323.22
BA 29 142.42 5756.50 1626.07
AAPL 39 106.50 5596.89 1443.14
PG 63 83.06 5527.62 294.72
MCD 35 118.11 5347.30 1213.13
JNJ 39 116.60 5181.15 633.57
MMM 24 173.79 5025.60 854.64
PFE 135 30.73 4540.05 391.05
DIS 40 99.23 4306.00 336.77
GPS 169 22.70 3837.99 0.27
合計 76222.96 8952.42

5月5日の評価額合計は69998.90ドルと、わずかに7万ドルに届かなかったのですが、晴れて7万ドル到達です!

そして含み益も7767.40ドル→8952.42ドルと、2か月で何と1000ドル以上も増えています

含み損となっている銘柄は以前同様IBMただ一つで、他は全て含み益状態、特にボーイング(BA)とアップル(AAPL)とマクドナルド(MCD)は素晴らしいパフォーマンスです。

ボーイングとアップルは今年に入って上昇具合が派手なのは知っていましたが、マクドナルドもそれに匹敵する凄まじい上昇を見せています。

米国株保有比率

ETFであるVOOとVYMの比率はやはり大きく、10%を超えています。

VYMの方がVOOに比べて3%も比率が高いので、いずれは調整が必要と思っています。

やはり投資の王道は高配当株であるVYMよりも、S&P500インデックスのVOOの方にあると思っているので、いずれVOOをVYM並に引き上げます。

個別銘柄はIBMとコカコーラ(KO)が8%と大きく、これは株価低迷時にナンピンしたからです。

現在も株価低迷しているIBMをもっと買っても良かったのですが、このグラフを見るとIBMの比率が他銘柄に比べ頭一つ抜けることになり、これ以上の買い増しはためらってしまいます。

ギャップ(GPS)とファイザー(PFE)は今回買い足したにも関わらず、まだ低比率です。

2017年米国株購入記録

ティッカー 約定日 数量 購入株価(ドル) 現在株価(ドル)
VYM 2017/2/14 18 76.85 78.50
VOO 2017/2/14 6 213.33 222.55
GPS 2017/1/4 113 23 22.91
BA 2017/1/26 1 164.93 198.59
JNJ 2017/1/26 2 110.95 132.90
PFE 2017/1/26 6 31.18 33.82
KO 2017/2/13 33 40.97 44.76
BA 2017/3/13 7 179.5 198.59
IBM 2017/3/22 7 175.28 155.58
IBM 2017/4/24 8 160.9 155.58
PG 2017/4/28 14 87.85 87.74
VYM 2017/5/15 16 77.05 78.50
VOO 2017/5/15 6 219.4 222.55
PFE 2017/6/8 39 32.08 33.82
GPS 2017/6/22 56 22.12 22.91

※太字は今回購入

※2016年以前の購入記録はこちらをご覧ください。

5月にはETFであるVYM・VOOを、6月には株価軟調だったPFEとGPSを買いました。

ETFはドル・コスト平均法的な形で5月になったらどんな株価でも買うと決めていました。

6月に買ったPFE・GPSは結果的にナイスタイミングで買えました。

感想

5月→7月も相変わらず米国株は素晴らしいパフォーマンスでした。

2か月で含み益が1000ドル以上も増えているのはうれしい誤算でした。

2017年に入ってから米国株はずっと高値圏と思い続けていたのですが、一向に衰える気配を見せません。

この勢いはどこまで続くのでしょうか。

引き続きキャッシュに余裕をもたせつつ、お買い得な時期がきたら少しずつ買い足していきます。

 - 米国株_保有状況