81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

トーセ(4728)を株価2434円で買ってみました

      2017/10/19

2017年10月18日、ゲーム開発会社のトーセ(4728)を株価2,434円で200株購入しました。

トーセは11月上旬に配信予定のドラゴンクエストライバルズを開発・運営する会社です。

前回この会社について記事にしまして、その時に株価が下がってきたら買ってみてもいいかなと思い、今の株価が妥当な所まできた気がするのでエントリーをしてみました。

今の株価は75日移動平均線前後

上記はトーセの日足チャートです。

緑の線が75日移動平均線で、過去75日の終値の平均を結んだ線で、これは長期線と呼ばれたくさんの投資家が参考にしているものすごく大切な指標です。

10月18日時点の75日線が2,442円です。

日経平均株価が12連騰したと景気の良いニュースが耳に入ってきましたが、このトーセに関しては無風でむしろ10月10日から17日までの6営業日はずっと陰線(始値>終値)でした。

75日線すらわりこんで、このまま下げたらズルズルいきそうだと思っていたところ、今日はふんばりを見せ、75日線は一応支持線として機能をしていそうだ、買ってみても良さそうだ、と思ったのです。

なによりも75日線が上向きです。

チャートの上では上昇トレンド継続中だと判断しました。

ドラクエライバルズでどうなる?

この銘柄といえば、何と言ってもドラゴンクエストライバルズです。

ドラクエライバルズがトーセ製だと知れた瞬間、1000円以下だったトーセ株価が一気に2000円台まであがったのです。

しかし、売上や純利益をみるに、確かに利益は上げてはいるものの売上に比べれば小さく、薄利多売で労力のわりにあまりもうかっていない、投資するには魅力の乏しい企業だと私の眼には映りました。

それでもこの銘柄に手をだしたのは、ゲーム銘柄はハマれば実態以上の株価に跳ね上がる傾向があるからです。

ドラクエライバルズは配信前なので海の物か山の物か分かりませんが、せっかくだからライバルズで賭けをしてみようと思いついたのです。

勝率は五分五分だと思っています。

撤退ラインは1934円

勝負ごとであるから、負けるシナリオも考えなければなりません。撤退ラインを決めます。

損切りラインは1,934円とします。

これは9月6日につけた安値である、1,935円を一円引いた値段です。

株価2,434円で200株買ったので、負ければ約10万円の損失確定です。

痛い・・・ですが、勝負だから仕方ありません。半端に粘って塩漬けが一番いけません。

ただしハマれば株価3,000円は超える見込みは十分です。

トーセが今後どのような値動きを見せるか、これから注目です。

 - 実トレード_国内株