81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

投資ブログで勉強するのは良く無いことか?

      2017/07/07

先日、ネット上で以下のような意見を見かけました。

  • 投資ブログを見て勉強するのは止めた方がいい。書いてある内容が間違っているかもしれず、勉強中の投資初心者はその見分けがつかないからだ。

なるほど、そういう考え方もあるのですね。

この意見に対する私の見解は、以下の通りです。

  • 投資ブログは大いに参考になる。ただ、ブログだけを見て勉強をするのは良く無い。

個人ブログは大いに勉強になる

世の中には投資に関する膨大な知識を持ち、かつすぐれた実績をお持ちの個人投資家が一定多数おられます。

今はそういった優秀な個人投資家の方が、インターネットでブログという形で情報発信ができる時代です。

私も一読者として、投資関連のブログはちょくちょく見に行っていますが、彼らの発信する情報は貴重で独力では考えつかない気付きを得ることは一度や二度ではありません。

特に、現在保有中の資産・銘柄へ投資するに至った理由であったり、参考としている書籍を公開している記事は大変参考になります。

自分と同じ市場参加者がどのように考え、どのように行動しているのかを記録した個人ブログ読むことは、新たな知識を獲得できる機会でもあり、新たなひらめきも産むことだってあります。

そういった意味で、投資ブログを読むことは勉強になると断言できます

ただし、本も読むべし

とはいえ、個人ブログの欠点として、記事内容がどうしてもブロガーのフィルターがかかってしまうことです。

また、勘違いや間違いで誤った情報を公開することだってありうることでしょう。

「書いてある内容が間違っているかもしれず、勉強中の投資初心者はその見分けがつかない」はあながち間違いではありません。

個人ブログのみで勉強すると、知識・思考が偏ったり、誤った情報で覚えてしまう危険性があります。

なので、投資関連の書籍を読むこともとても大事です。

個人ブログは断片的ですが、書籍は体系的に知識を得ることができます。

投資とは己の大事な資金を市場に投入する行為のことで、大げさに言えば人生を賭けた行為でもあるはずです。

ブログのみでなく、きちんと本を読んで知識をつけるべきだと考えます。

本は投資ブログで探そう!

本も大事、そこで疑問となるのが「どういった本を読めば良いのか」でしょう。

それこそ個人ブログの出番です。

優秀な投資家はたいていは読書家で書籍から知識を得ているはずです。

自分と似たような思考・価値観を持つ個人ブログに推薦書籍の記事があったら、その本を手に取ってみると良いでしょう。

本+投資ブログで勉強できる!

結局「投資ブログを見て勉強すべきではない」のではなく、「投資ブログだけを見て勉強すべきではない」ということです。

私も投資一年生の時は、ネットで参考となる記事を見て回り、「敗者のゲーム」や「ウォール街のランダム・ウォーカー」といったネットで高評判の本を読み、投資に関する理解を得ようと努力しました。

投資ブログと本、この二つのメディアをフル活用して、投資に関する知識を身につけましょう!

 - 投資について考える