ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

ソニー株買おうとしたけど、権利確定日につき見合わせた

   

景気後退は近いけれど、まだ少々猶予がありそうです。

ストックマインドも回復してきましたし、中短期で日本株をやろうと思います。

今目をつけているのがソニー(6758)で、今期最高益にも関わらず年初来安値をつい先日記録してしまいました。

このソニー株を今日(2019年3月26日)に買おうかなと思ったんですが、今日は権利確定日だったのでやめておきました。

そんなにgoogleが脅威かな?

上記はソニーの株価チャートで、25日に年初来安値を記録してしまいました。

それよりも前、20日あたりから急落しているのが分かります。

これは米グーグルが19日、ゲーム開発者カンファレンスで新サービス「Stadia」を発表したのが最大の原因と見られています。

インプットとアウトプットはブラウザで行い、ゲームの処理はグーグルのクラウド環境で行うというもので、ハイスペックなPC要らず、当然ゲーム専用機も要らずで、手軽にゲームを楽しめるということで、ゲーム業界に革命を起こすのではないかとにわかに注目を集めています。

プレイステーション擁するソニーにとってはまさに強敵出現、悲観が悲観を呼んだのか5,000円を当たり前のように上回った株価が4,500円に接近するまで下がりました。

しかし私はこんなものは一時的な過剰反応に過ぎないと見ています。

プレイステーションは今や世界で抜群の知名度を誇っており、何の経験もブランドも知識も無いパッと出のグーグル風情に、ゲーム分野で後れを取るとはちょっと想像できないです。

「Stadia」とやらが出てきても、信頼と実績を積み上げてきたプレイステーションは必ずコアなゲーマーから需要があるはず。何を心配する必要があるのでしょう。

と、私は思います。(楽観すぎでしょうか。)

権利確定日だったので見合わせ

25、26と2日連続で陽線で、26日の昼に仕込もうかなと思いました。

しかし、ソニーの配当権利日は3月31日(営業日ベースでは29日)で、この3営業日前である今日26日までに株を買うと配当をもらえる権利を持つ、権利確定日であることを知ったので、今日はやめておきました。

翌27日は配当をもらえる権利を失う権利落ち日、一般的に株価が下落する傾向にあります。

配当もらったからもう用無しだ、というわけですね。

ソニーはそうなるか分かりませんが、念のため見合わせることにしました。

明日陽線なら買うかも

ソニー株はずっと持つわけではないのですが、5,000円以下なら結構おいしいんじゃないかと感じます。

実力もある企業ですし、ストップ安とかはちょっと考えられないから比較的安心して持てます。

27日の昼に陽線であることを確認できたら、1単元だけ短期で買ってみようかなと思います。

 - 国内株