ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

2015年NISAのロールオーバー手続きを行った

   

約1週間前、米国株の売買を行っているマネックス証券よりNISAロールオーバーの手続き資料が届きました。

早いものでNISA枠を利用してからもう5年が経過しようとしているのですね。

書類に必要事項を記入の上、送り返しました。

当然ロールオーバーを利用します。

2015年からのつきあい、VYM

投資に目覚めたのが忘れもしない2015年8月、投資直後にチャイナショックの暴落を食らい、相場の洗礼をいきなり浴びることになりました。

NISAでは最初はインデックスファンドを購入していたのですが、後にVYMという高配当ETFの方が良さそうだと改め、2015年12月よりNISA枠で購入を始めました。

 

関連記事>>>NISAにはインデックスファンドよりも海外ETF?検討中の3本の海外ETFをご紹介

 

なお2015年はVYM以外にもニッセイTOPIXインデックス等のインデックスファンドもNISA枠で購入したのですが、インデックスファンドの方は全て売却しました。

したがって今回ロールオーバー対象となるのはVYMのみです。

手続きは凄い簡単

ロールオーバーの手続きは非常に簡単です。

2015年にNISA枠を利用して現在も金融資産がある投資家は、2015年勘定分の移管内容として以下の3通り希望することができます。

  1. すべて特別口座(特定口座を開設していない場合は一般口座)への払い出しを希望する
  2. すべてNISA口座への移管(ロールオーバー)を希望する
  3. NISA口座への移管(ロールオーバー)を「銘柄ごと」に希望する

1.の場合はロールオーバー手続資料の返送は不要です。

私の場合、ロールオーバー希望なので2.か3.なのですが、保有銘柄はVYMのみなので2.しか選択肢はありません(笑)

従って、2.をチェックの上、記入日と書名をして、あとは備え付けの封筒にロールオーバー移管依頼書を入れ、そのまま投函して終了です。

これで2015年のVYMは、2020年~2024年の5年間も非課税枠のまま保有することができます。

(5年間の期間限定じゃなく、恒久化してほしい!)

手続きはお早めに

ロールオーバー移管依頼の提出期限は2019年11月29日でした。

これはマネックス証券の場合ですが、他の証券会社でもおそらく似たようなものでしょう。

もし2015年にNISA口座で資産を持っていて、ロールオーバーするつもりなら、忘れてしまわないうちにお早目に対応することをお勧めします。

しかしVYM株主になって、もう5年とは・・・。時の流れって早いですね。。。

 - 米国株_NISA