81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

日経BP社様より「マンガーの投資術」の見本を受け取りました!

      2017/09/10

タイトルのとおり、2017年9月4日に日経BP社様より「マンガーの投資術」という本の見本を受け取りました。

アマゾンを見るにこの本は9月7日発売予定とのことですが、4日に受け取りまして3日間のフライングゲットとなりました。

日経BP社刊行の「株式投資の未来」を紹介してくれたお礼、とのことでした。

実は受け取ることをちょっと迷いました。

2017年9月10日 追記

読み終えました。マンガー氏の人生観を垣間見ることができる、素晴らしい書籍でした。

日経BP社様より見本贈呈のご連絡

数日前、日経BP社のご担当者様より、

「弊社刊行の”株式投資の未来”を紹介してくれたお礼に、近々刊行予定の”マンガーの投資術”の見本を送りたい」

とメールで連絡を受けました。

“株式投資の未来”といえばジェレミー・シーゲル氏の代表作で日本の米国株投資家から絶大な支持を集めている良著です。

米国株のみならず、株式投資に興味があれば一読して損の無い素晴らしい書籍です。

書評記事で「読んで損なし、いや、読むべし!」などと褒めちぎったから、日経BP社様の目に留まったのでしょう。

しかし、このようなネットの大海の末端でひっそりと運営しているブログにお声がかかるのは珍しいことです。

弊ブログですら見本贈呈の連絡があったのだから、もっと有名な米国株ブログにも話があったのではないかと思います。

郵便局留めで発送願い

さて、送ってもらうのはいいとして、そのためには住所と氏名の情報が要ります。

住所と氏名を公開したくない!!!!

という理由で、正直迷いました。

しかし、こんな末端ブログにお声掛け頂いた好意を無駄にしたくありませんでした。

そこで、郵便局で郵便物を受け取ることができる制度の、郵便局留めという形で送っていただくことにしました

これなら住所は教えなくてすみます。

ただし、氏名は本名でなくてはなりません。

郵便局留めを受け取る時、ゆうゆう窓口で身分証明書を求められるのです。

住所と氏名、どちらがより大事な個人情報か・・。氏名は同姓同名の方がいらっしゃるかもしれないので、住所の方がよりコアだと考えました。

日経BP社ご担当者様には、「氏名をばらさないでね!」とクギをさし、発送先の郵便局と本名をお伝えしたのでした。

さっそく読書開始です!

そして無事に「マンガーの投資術」の見本を受け取ることができました。

日経BP社様、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

さっそく今日から読書開始です!

最後まで読み終えましたら、また書評記事を書きたいと思います。

2017年9月10日 追記

読み終え、書評記事を執筆しました。

 - 雑記