81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

GMOペイメントゲートウェイ、個人情報流出の疑いでストップ安

   

GMOペイメントゲートウェイ(3769)という、主にクレジットカード決済の代行サービスを執り行う会社の株価が、今日ストップ安となりました。

GMOペイメントゲートウェイが運営しているサイトに対して、プログラムの脆弱性(セキュリティの抜け穴)をついた不正アクセスが行われた形跡があり、クレジットカード等個人情報が流出した可能性があるとのことで、これが市場に嫌気されました。

かなりマズイやつです。

世の中のWebサービスを提供している企業は対策に追われていることでしょう。

 Apache Struts2の脆弱性

GMOペイメントゲートウェイ(以下GMOーPG)が運営している以下のサイトが、不正アクセスを受けました。

  • 東京都の「都税クレジットカードお支払いサイト」
  • 住宅金融支援機構の「団体信用生命保険特約料クレジットカード支払いサイト」

東京都のサイトはクレジットカード番号と有効期限・メールアドレスが67万6290件、住宅金融支援機構のサイトは4万3540件がクレジット情報に加えて住所・氏名・電話番号までも流出した恐れがあるとのことです。

原因は、GMOーPGの運営サイトで使用しているWebアプリケーションフレームワーク「Apache Struts2」の脆弱性を突かれたことです。

WebアプリケーションとはWebサイトを動かすプログラムで、フレームワークとはアプリケーションの基本的な動作をカバーするプログラム群のこと。

つまり「Apache Struts2」とは、Webアプリを動かすための基本動作プログラムの集まりのことで、これはJavaというプログラム言語で作られており、JavaのWebアプリでは結構な確率で使われています。

今回明るみになったのはGMOーPGの運営サイトですが、他のサイトも「Apache Struts2」を使っていれば、同様に情報流出の恐れがあります

Webアプリケーションを開発・運営している企業はGMOーPGの情報流出を他人事とは考えず、対策を考えていることでしょう。

ちなみにワードプレスはPHPですので、「Apache Struts2」は使われていませんので、ワードプレス使いのブロガーさんはご安心ください。

 GMOーPG、ストップ安

これを受けて、今日GMOーPGの株価はストップ安となりました。

前日比ー1,000円で、現在の株価は 5,560円です。

上記がGMOーPGの過去1年間の株価チャートです。

どちらかといえば、下降トレンドですね。

去年12月から今年3月まで右上がりです。11月末は下落中だったので、トランプラリーはあまり影響なかったのでしょうか。

3/13現在のPERとPBRは以下の通りです。

  • PER:74.78倍
  • PBR:11.52倍

高!!

ストップ安なのに、この割高な数字は一体・・・。

うーん、どうやらストップ安とはいっても、決して割安とは言い難いようです。

やっぱり様子見?

今回の個人情報流出の疑いに関して、GMOーPGの落ち度はあまり無いと考えています。

どれほどセキュリティを万全にしても、ハッカーの攻撃を完全に防ぐのは非常に難しいです。

Webアプリケーションの開発・運営は大変な商売ですよね。それが個人情報を取り扱っているのならなおさらです。

GMOーPGのストップ安は事故であり、市場が過剰反応を見せているに過ぎないと思います。

とはいえ、PERやPBRがあまりにも割高すぎます。

もう少し株価指標が妥当な水準であれば、買ってみても面白いと考えていましたが、この数値ではちょっと入るのに度胸がいります。

むしろ今までの株価が実態よりも高すぎて、今の方がより適正株価に近づいていると思い、GMOーPGのエントリーは現時点では見合わせです。

 - 国内株