81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

2017年に購入を検討している米国株4銘柄

   

新年あけましておめでとうございます。

2017年最初のエントリーとなります。

2016年に華々しく米国株投資家としてエントリーし、既に10銘柄を保有しており個別株はこんなものかと考えた時期もありましたが、あと5銘柄くらいは持ってもいいかなと思い始めるようになりました。

そこで、2017年にもしかしたら新しく買うかもしれない銘柄をご紹介することにしたいと思います。

現在保有しているのは10銘柄

2017年1月1日時点で保持している米国株は、以下の10銘柄です。

  • PG(P&G)
  • PFE(ファイザー)
  • AAPL(アップル)
  • DIS(ウォルト・ディズニー)
  • BA(ボーイング)
  • KO(コカ・コーラ)
  • IBM(IBM)
  • MCD(マクドナルド)
  • MMM(スリーエム)
  • JNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

いずれも安定した利益の得て日本でも知名度のある、安心して長期投資できる素晴らしい銘柄ばかりです。

この中では今KOとJNJが若干元気がありませんが、PERはKOが25.14倍、JNJが20.22倍と決して割安ではありません。

S&P500のPERが約22倍なので、それに比べても今はお買い得ではないでしょう。

ポートフォリオでBAとPFEの評価額が少なく、これらも買いたい所ではありますが、この2銘柄も少々高値であまり買う気になれません。

このように、現在10銘柄はどれもちょっと買いにくい状況にあるのです。

購入検討中の銘柄

そこで、保有していない他の銘柄に良いのが無いか、今一度探してみました。

見込みのある銘柄を4つ見つけました。

GPS(ギャップ)

日本でも良く見かける、米アパレルメーカーです。

利益は安定しており、配当利回りは4%を超え、増配を10年以上続けており、PERは13.36倍。

今、まさに買い時だと思います。

RAI(レイノルズ・アメリカン)

タバコメーカーです。

タバコは大嫌いで投資は意図的に控えていましたが、タバコメーカーは投資先として極めて優秀で、”感情より勘定”ということで、少し大人になって考え直しています。

PERは14.56倍、今は勢いよく株価上昇中です。

SBUX(スターバックス)

日本中どこにでも見かける、コーヒーチェーンです。

本ブログでも銘柄分析をしました。

魅力的ではありますが、PER29.22倍と購入には若干ためらう水準です。

NKE(ナイキ)

世界的なスポーツ用品メーカーです。

今なお伸び続けています。

欠点は配当利回り1.41%とかなり低水準なことです。配当はせめて2%は欲しいですね。

GPSとRAIは年明け早々に買っても良い

以下の4銘柄は、新たにポートフォリオに加えるのに面白そうだと思い始めました。

  • GPS(ギャップ)
  • RAI(レイノルズ・アメリカン)
  • SBUX(スターバックス)
  • NKE(ナイキ)

中でもGPSとRAIは今すぐに買っても良い水準だと思いました。

SBUXとNKEはちょっと様子見でしょうか。

こんなかんじで、2017年も米国株投資を続けていきます。

今年も本ブログをよろしくお願いいたします。

 - 米国株