81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

【米国銘柄&株価分析】フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)

   

今日の米国株分析ターゲットは、フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)です。

積極的な株主還元から、日本人の米国株投資家からかなりの人気を博しています。

このトップレベルの人気を持つ銘柄の実力を分析してみます。

フィリップ・モリス・インターナショナル銘柄分析

フィリップ・モリス・インターナショナルとは

フィリップ・モリスとはアメリカの大手タバコ会社です。

元々はアルトリア・グループ(MO)だったのが、米国外の事業専用の会社として2008年にMO本体から独立する形で設立されたのが、フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)になります。

アメリカを除く180以上の国で、タバコの生産・販売を行っています。

製品のラインナップには、「マルボロ」「ラーク」「パーラメント」など、タバコ嫌いな私でも知っている有名なブランドが並びます。

今話題になっているのが、煙が出ない加熱式電子タバコ「アイコス(IQOS)」でしょう。

アイコスはフィリップ・モリス社の製品で、同社は従来の紙巻タバコから徐々に電子タバコに切り替えていく方針です。

私の友人にもアイコスで吸っている人がいるのですが、確かに臭いは紙巻タバコと比べて控え目です。

とはいえ、家に帰って服の匂いをかぐと、ばっちりタバコの匂いがこびり付いているので、全く煙を出さないというわけではないようです。

フィリップ・モリス・インターナショナル株基礎情報

ティッカー PM
市場 NYSE
採用指数 S&P500
セクター 生活必需品
設立年/上場年 1987年 / 2008年
決算期 12月
過去10年EPS成長率(%) 5.11

ティッカーはPMと覚えやすいですね。

採用指数はS&P500のみで、ダウには含まれていません。アルトリア・グループ(MO)もダウ採用銘柄ではありません。

セクターは生活必需品です。個人的にはタバコなんて、「生活必需品」ではなく「嗜好品」に過ぎないと思うのですが、米国株のセクタールールがそうなっているので、そういうことなのでしょう。

株価指標

指標 2017/5/19
株価 114.74
PER 25.4
PBR
ROE(%)
ROA(%) 19.63
配当利回り(%) 3.61

PER25.4倍はまずまずです。

PBRとROEが「-」なのは、純資産がマイナスの状態、即ち債務超過だからです。

配当利回りは3.61%とさすがに高水準です。

株価チャート(過去10年)

美しい右肩上がりです。

ただし、2012年~2016年は株価に大きな動きはなく、横一線です。

最近の目立った動きとして、トランプラリー前の2016年11月は90ドル未満だった株価が、半年で何故か110ドルを超えるまでに上昇しています。

利益・および配当(過去10年)

2012年までは順調に利益を伸ばしているものの、2013年以降は右下がりです。

2012年~2016年の株価停滞の理由が明らかになりました。

2012年がピークという点では、コカコーラ(KO)に似ています

加熱式電子タバコ「アイコス(IQOS)」が今後どれだけ利益をもたらすかが、PMのひとつの分水嶺になることでしょう。

配当に関しては右上がりです。

ただし、利益と配当が限りなく近づいているのは、あまり良くない兆候です。

これもコカコーラとそっくりですね。

キャッシュフロー(過去10年)

(※営業CFマージンは、営業キャッシュフローを売上で割った値のこと)

2011~2013年がキャッシュフローのピークです。

何より素晴らしいのが、営業CFマージンが30%前後もあるということです。

平均的な企業が11%前後で、利益の推移が酷似していたコカコーラが10%前後という中、フィリップ・モリスの30%は驚異的な数値です。

バランスシート(2017年)

(※)単位:百万ドル

純資産が左側の資産の部に来ています。

あまりよろしくない形ではありますが、これは自社株買いの影響によるものです。

米国企業は自社株買いで債務超過に陥っている会社が珍しくなく、マクドナルド(MCD)も2016年に債務超過となりました。

フィリップ・モリスの場合は少なくとも2012年から債務超過です。

感想

4%近い配当利回りと、債務超過になるほどの自社株買いで、株主還元に物凄く積極的な企業であることがわかりました。

そして十分な株主還元ができるほどの、豊富なキャッシュを生み出す力も証明しています。

投資家から人気を集めるわけです。

利益の方は2012年をピークに減少しているのですが、アイコス(IQOS)でどれだけ巻き返すことができるのか注目です。

嫌煙家として、紙巻タバコよりもアイコスの方が匂いを出さない分比較的マシなので、アイコスはもっと流行って欲しいです。

 - 米国株_分析