81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

ファイザーを買い増したいが、手を出しづらい

   

2017年も、毎月定期的に米国株個別銘柄を買い足す予定です。

3月はIBMとボーイング(BA)をそれぞれ約15万円相当を買いました。

両銘柄とも、米国株ポートフォリオの中では割合が少ない方だし、株価は高めだけどPERや配当利回りが妥当な水準であったことから、購入を決めました。

4月はまだ米国株を買っておりません。

割合的にはファイザー(PFE)がねらい目なのですが、どうにも今は買うのに躊躇しています。

今のファイザーの指標

株の指標は数あれど、米国株に限っては以下の3指標のみを確認しています。

  • 現在の株価
  • PER(株価収益率)
  • 配当利回り

市場において圧倒的なブランド力を誇っており、高確率で右上がりとなるであろう銘柄のみをポートフォリオに加えているつもりなので、あとは難しいことは考えずにできるだけ妥当な株価で買うのみです。

何をもって妥当かと判断しているかは、PERと配当利回りです。

PERはおおよそ10倍~30倍が妥当だと思っています。PERが妥当ならド天井で掴んでしまう確率を減らせます。

配当利回りは3%超えているのが理想です。配当利回りが妥当だと株価が低迷しても配当という形で利益が確保できます。

前置きが長くなりましたが、2017年4月17日現在のPFEの指標は以下です。

  • 現在の株価 :34.00ドル
  • PER    :28.99倍
  • 配当利回り :3.78%

PER、配当利回り、ともにまぁ妥当な水準といえます。

しかし、この銘柄に限っては迷ってしまいます。

PFEは高ボラティリティだが、今は異常に大人しい

PFEという銘柄はP&G(PG)やコカコーラ(KO)と比べて、株価値動きがとても激しい印象があります。

上図は過去1年のPFE株価チャートです。

2016年8月に37.31ドルをつけたかと思うと、わずか3か月後の11月に29.89ドルにまで下落しています。

わずか3か月でおよそ20%の株価変動があったということです。

大統領選という一大イベントが控えていたことを勘案しても、ちょっと動き過ぎな印象です。

現在は一転して非常におとなしいです。

2017年3月から1か月半、34ドル前後から全く動きません。

PFEにしては静かすぎて不気味に感じます。

だから、PERや配当利回りは妥当と思っていても手が出しにくいです。

やはりしばらく様子見か・・・

1か月に1~2銘柄、米国株を買い足すつもりでしたが、今は買う気が起きにくいです。

もはやすでにかなりの額が米国株に費やされているので、無理に積み立てる必要はないかもしれません。

先は長いです。

焦らずに自分が納得できる時まで、様子をみることにします。

 - 米国株