ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

エヌビディア(NVDA)を買戻し!これで今年の米国株購入は一区切り!

   

2017年12月8日(金)、一度全売却したエヌビディア株(NVDA)を買い戻しました。

11月下旬、ナスダックの調整の影響で日本でも任天堂や東京エレクトロンなどの銘柄も続落していたのですが、これらが下げ止まってきたのを見て、そろそろ買い戻しても良いだろうと判断しました。

14株を194.52ドル(2,723.28ドル)、成行で購入です。

 

関連記事>>>【株怖い】暴力的下落に耐え切れず、BABAとNVDAを損切り・・・

エヌビディア購入履歴

エヌビディアは株価が215ドル前後で推移していたのが、私が手を出してからしばらくして見事なまでに急落しました。

不穏な空気を感じ取って一度手仕舞いをし、市場が落ち着いたら買い戻そうとタイミングを計っていました。

最初は170ドルぐらいまで下がるかもと考えていたのですが、意外と底堅く180ドル台で止まりました。

それから190ドル台に回復したので、まあこの辺で買ってみるのが妥協点かと自分に納得させて再購入をしたわけです。

私のエヌビディア株購入履歴は以下の通りです。

  • 2017年11月21日:株価215ドルで14株購入
  • 2017年11月27日:株価215ドルで14株購入
  • 2017年11月29日:株価196.94ドルで28株売却
  • 2017年12月8日:株価194.52ドルで14株購入

損切りした時よりも2ドルほど安く買い戻せました。

今振り返れば180ドル台の時に手を出しているのがよりベターだったのですが、あまり欲張りすぎるのも良く無いと思っていて、190ドル台でもまずは満足しています。

 

関連記事>>>エヌビディア(NVDA)を株価215ドルで購入~攻めに転じる!

関連記事>>>【秋のPF大改造2】PFE・GPSを売ってBABA・GOOG・AMZN・NVDAを買った

 米国株ポートフォリオ改造、真に完了

今回のNVDA買戻しによって、11月下旬に着手した米国株ポートフォリオ改造を本当に終えることができました。

ファイザー(PFE)とギャップ(GPS)を売却して、アルファベット(GOOG)、アマゾン(AMZN)、アリババ(BABA)、エヌビディア(NVDA)という成長株に切り替えました。

売却した2銘柄と、新たに買った4銘柄の金額がほぼ釣り合うことになりました。

思い返せば11月下旬はいきなりBABAとNVDAに資金投入しすぎたのかもしれません。やはり身の丈に合った金額でタイミングを分散して投資をするのが王道だと身を持って知りました。

2017年はこれでゆっくり

私の米国株ポートフォリオは以下の14種です。

  • PG
  • AAPL
  • DIS
  • KO
  • JNJ
  • BA
  • IBM
  • MMM
  • MCD
  • PM
  • BABA
  • GOOG
  • AMZN
  • new! NVDA

この14銘柄でしばらくはいきます。

手持ちのドル、日本円に余力を残したまま、2017年の米国株購入はこれで一区切りとします。

とはいえまた大きく下がる銘柄が出てきたら、買いに向かいます。

仮にNVDAが180ドルくらいになったら、今度は売却せずに逆に追加購入するつもりです。

 - 実トレード_米国株