81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

二日連続ストップ安のサイバーステップを買おうと思ったが、やめた

      2017/07/22

マザーズ市場のサイバーステップ(3810)という銘柄が、7月18日(火)と19日(水)、二日続けて比例配分のストップ安となりました。

3連休前の14日(金)に発表した決算内容が振るわなかったためだそうです。

連続で比例配分のストップ安となった翌日、完全合致したら高確率で高騰する

この法則を「投資で勝ち続ける賢者の習慣」という書籍で知った私は、これを実施してみようと思いました。

が、やめました。

サイバーステップという銘柄、今年ヤバイ上がり方をしていてヤバイ気配を醸し出していたので、ビビッて手をだすことができませんでした。

 わずか半年で株価20倍!?

このサイバーステップって銘柄、今年恐ろしい値動きをしていることが分かりました。

何と、半年ほどで株価が20倍になったのです!

1月10日は373円だった株価が、6月27日には7,980円になったのです。

株価が10倍になることを「テンバガー」といい、この言葉はピーター・リンチの書籍で目にします。

では、株価20倍は何ていうのでしょうか?トゥウェンティーバガー?ダブルテンバガー?

なんにせよ、たった半年で20倍なんて、正気じゃありません。

PERは驚異の700倍超え!

上記はサイバーステップの過去1週間のチャートです。

14日は6,000円以上だったのが、18、19日と連続ストップ安で大幅下落、そして20日に完全合致で売買成立したものの、最終的には株価は下がり、4,000円を割り込んで21日を終えました。

21日の株価は3,710円、予想PERは何と721.79倍!!

72倍でもすごいのに、721倍って・・?

わずか半年で20倍に跳ね上がった株価と、700倍を超えるPER。

この二つを見て、この銘柄はヤバイと本能的に察知して、連続ストップ安の翌日の20日に買って勝負するのを控えました。

20日、確かに寄り付いた後は株価が上がりましたが、最終的には下落したので、勝負を控えるのは結果正解でした。

そもそもサイバーステップって?

サイバーステップについて、せっかくだからちょっと調べました。

サイバーステップとはゲームメーカーで、「トレバ」というオンラインクレーンゲームの他、「Q&Qアンサーズ」「ゲットアンプド」「鬼斬」といったゲームをリリースしているとのこと。

2014年、15年は赤字でしたが、2016年にようやく黒字となりました。

・・・。

・・・・・・。

う~ん、PER700倍を超えるほどのポテンシャルや将来性があるのか、ちょっと分かりませんでした。

「パズドラ」や「モンスト」みたいな私でも知っているようなヒット作が生まれれば、確かにワンチャンあるかもしれませんが、ううむ、よく分かりません。

それに、社員の平均年齢28.9歳というのも気になります。あまりに若すぎますね。

中堅になったら出ていくような環境なのかな、と勘繰ってしまいます。

マザーズは魔境!

マザーズはPER100倍を超えている銘柄は珍しく無く、また予想利益がマイナスでもPBRが数十倍もある銘柄が多々あります。

マザーズはまるで魔境ですね。

連続で比例配分のストップ安となった翌日、完全合致したら高確率で高騰する

これは、既に高騰したマザーズ銘柄ではなく、粉飾決算等で問題を起こしてやむなく下落した銘柄で、いずれ試してみたいものです。

 - 国内株