81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

日経マネー2017年10月号で米国株特集!

      2017/08/28

2017年8月21日に発売された「日経マネー2017年10月号」を買ってみました。

この手のマネー誌は滅多に買わなかったのですが、「たぱぞうの米国株投資」を運営されているたぱぞうさんのインタビューが掲載されているということで、せっかくだからと日経マネーを初めて買ってみました。

112ページから123ページに渡って「海外株の魅力とは」という特集が組まれていて、米国株中心の海外株の情報が紹介されています。

米国株投資をするか検討中の方にとって、有用な情報が掲載されていると感じました。

海外株特集!

112ページから123ページに渡って「海外株の魅力とは」と銘打って特集が組まれています。

以下、内容を簡単に紹介します。

  • 112P~113P:世界主要市場の時価総額や経済成長率を紹介し、海外投資の有用性を主張
  • 114P~117P:国内株ではなく米国株を投資している個人投資家3名を紹介
  • 118P~119P:米国株(外国株)の購入方法・大手ネット証券3社比較
  • 120P~123P:識者インタビュー、欧州株推奨とのこと

米国のみならず欧州株もひとくくりにした特集ですが、114P~119Pにかけては米国株がクローズアップされています。

114P~117Pで、たぱぞうさんやバフェット太郎さんといった、ブログで著名な方々のインタビューが掲載されています。

なぜ米国株に投資しているのか、その理由を明かしてくれています。

118P~119PはSBI証券・マネックス証券・楽天証券の米国株(海外株)取引のデータが掲載されており、3社ともにバラバラでネット証券ごとにそれぞれ個性が出ています。

マネックス証券のみ円貨決済(ドルに換えずに円でそのまま米国株を買うこと)未対応でしたが、円貨決済の対応を検討中と書かれていました。

マネックスユーザーとして、円貨決済ができるようになると非常にありがたいです。

初めて海外株にチャレンジする方にとって大いに参考になる

日経マネー2017年10月号の特集は、既に米国株(海外株)取引を行っている投資家はもちろんのこと、米国株(海外株)取引を検討している方にとって大いに参考になるものと思います。

何故日本株ではなく米国株に投資しているのか、米国株投資家の先輩たる米国株ブロガーが理路整然と語るインタビューは、大変タメになるでしょう。

そして米国株(海外株)取引方法についても、ネット証券会社を比較形式で紹介していますので、自身に合った証券会社を選ぶことができるでしょう。

もちろん、海外株特集のみならず、他の情報も参考になりました。

マネー誌をこれまで敬遠していたけれど、「日経マネー2017年10月号」は中々良い内容と感じました。

730円とややお高いですが、手元に置いておく価値はあるかな思います。

 - 米国株