ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。(旧ブログ名:81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える)

*

配当利回り5.5%のNGGに興味が湧いたものの、チャートを見て一瞬で醒めた

   

ナショナルグリッド(NGG)という送電・ガス販売事業を手掛けているイギリス企業があります。NGGは俗に言う公益株、高配当で安定しているという触れ込みです。

このNGGがどうも株価下落で配当利回りが魅力的な水準まで下がっているとのことです。

見たら、2018年2月12日時点の株価は52.69ドル、配当利回りは驚きの5.53%!REIT並の利回りです。

なるほど、これはかなり魅力的だと興味がわき、さてこの銘柄の過去のチャートはどんなだったろうと調べてみましたら・・・これは酷い!

一瞬にしてこの銘柄への興味が消え失せました。

安定した企業実績のNGG

NGGの情報を見るに辺り、まず米モーニングスターで過去10年の実績を見ます。

http://financials.morningstar.com/ratios/r.html?t=NGG

売上、営業利益共に過去10年間はほぼ横ばい、営業キャッシュフローは売上に対して申し分なし、純利益もほぼ横一線で17年だけ異常に高いですがきっと特別利益を計上したのでしょう。

増配で配当性向が徐々に上がっているのは気になりますが、悪く無い様に見えます。

確かに安定企業という触れ込みに偽りなしです。

ここまで見ると、悪くはありません。

また、NGGに関する企業情報は、「たぱぞうの米国株投資」を運営されているたぱぞうさんが素晴らしい記事を書かれており、参考にさせて頂きました。

なるほど、悪く無い企業だ。興味が湧いてきました。が・・・。

暴れ馬、NGG

続いてチャートもチェックしました。

以下が過去1年間のNGGの株価チャートです。

え、ボラティリティ高くないですか?

2017年5月に75.24ドルをマークしたのが過去1年の高値、これに対して2008年2月の51.52ドルが安値、1年で株価23.72も値動きしており、率にすると31%も変動しています。

これではまるで暴れ馬、NGGという銘柄は、株価をみると全然安定していないことが分かります。

業績がイマイチだけど株価が非常に安定しているコカコーラ(KO)やP&G(PG)の凄さを再認識しました。

 

業績も10年見るなら、株価も10年見てみましょう。

せっかくだから、S&P500とおまけに高配当株ETF・VYMと比較してみました。

青がNGG、赤がS&P500、オレンジがVYMです。

  • NGG:-37.06%
  • S&P500:96.91%
  • VYM:73.93%

これは厳しい!

リーマンショックがあった2008年にS&P500並に急落しているくせに、その後の回復力は遠く及びません。

いかに配当が魅力的だとしても、これはちょっと・・。

チャートを見て一目瞭然、NGGを買うくらいなら高配当株ETF・VYMを買った方が遥かに良いと結論付けました。

業績・チャートを見るのは大事!

NGGの配当利回りが5.5%超えということで、単純な私は一瞬欲しいと思いました。

しかし業績・チャートを確認してみて、やっぱり辞めようと思いとどまりました。

チャートを見て、買おうとした気持ちが粉々に砕け散ったのです。

投資する前に、その銘柄の過去の実績やチャートの確認は必須事項だと改めて思いました。

 - 米国株