81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

分かったようで分からない「十分条件」と「必要条件」をはっきりさせる!

      2017/08/24

十分条件」と「必要条件」という言葉をご存じでしょうか?

「必要条件は満たしているんだけど、十分条件じゃないんだよな~」なんてちょっと知的な会話を耳にしたことがあるかもしれません。

私も両者がどのようなものか曖昧だったので、これを機に調べてみました。

私の理解を簡単に本記事でご紹介します。

必要条件とは?十分条件とは??

「十分条件」と「必要条件」の定義は以下のとおりです。

二つの条件 p 、q に対して、「 p を満たすものは全て q も満たす 」 というとき、「 p は q である為の十分条件である 」 あるいは 「 q は p である為の必要条件である 」 という。

wikipedia より

なんのこっちゃ!?これじゃわからん!!

ということで、例を出してみましょう。

  • 愛知県に住むことは、日本に住むことである

この例文では、「愛知県に住むこと」が上記の定義のp、「日本に住むこと」がqに該当します。

愛知県は当然日本国内の県ですよね。

ということは、愛知県に住む→日本に住むが成り立ちます。

「 p を満たすものは全て q も満たす 」が当てはまりますので、「愛知県に住むこと」は「日本に住むこと」の十分条件になります。

逆に、日本に住む→愛知県に住むは成り立ちませんね。

日本に住んでいるけど、東京に住んでいるかもしれませんし、沖縄に居を構えているのかもしれません。

日本に住んでいるからと言って、愛知県に住んでいる保証は無いのです。

そうしたとき、「日本に住むこと」は「愛知県に住むこと」の必要条件になります。

「 p を満たすものは全て q も満たす 」、即ちpならばqが成り立つとき、

  • 十分条件:p。条件が厳しい!(愛知県に住む)
  • 必要条件:q。条件が緩い!(日本に住む)

となります。

投資にあてはめると・・・

さて、本ブログは投資ブログですので、さっそく応用問題として十分条件と必要条件を投資に当てはめてみましょう!

  • 株式投資で利益を得る!

この簡単な文章の十分条件と必要条件は何でしょうか?

株式投資で利益を得るには、株式投資しなければいけませんね。

株式投資をすることが利益を得ることの最初の条件といえます。

次のステップとして、より厳しい条件として、株で利益を上げることが来るわけです。

  • 株式投資で利益を得る!

を言い換えると、

  • 株で利益を得ることは、株式投資をすることだ

になります。

残念ながら株式投資をしたからといって、利益を得るとは限りませんので、その逆は通用しません・・・。

すなわち、

  • 十分条件:株で利益を得る
  • 必要条件:株式投資をする

となるわけです。

必要条件を満たさなければ、十分条件は満たせない!!

何でこんな例を出したかといいますと、十分条件と必要条件には大きな教訓があると感じたからです。

すなわち、必要条件を満たして初めて十分条件を満たせる、という教訓です。

株で利益を上げるには、株式投資をするしかありません。

投信で利益を上げるには、投信に投資する必要があります。不動産やコモディティもそのまま当てはまるでしょう。

こうやって書いてみると当たり前のことなのですが、十分条件という目的があったらそれを満たすための必要条件という行動を取らなければならないということを教えてくれました。

あとは、もしかしたらプレゼンに使えるかもしれませんね。

「従来のプランでは必要条件しか満たしていないのが課題でした。そこで十分条件も満たすために我々が提案するのは・・・」なんてサラッと言えたら、上司の評価が上がるかもしれません!?

以上、投資ブログから見た十分条件と必要条件について、でした。

 - 用語