81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

下降トレンドの気配を察知し、スカパーと名村造船所を売却しました

   

日経平均株価が19,000円割れの、18,813円になりました。

去年の11月から12月中旬くらいまで続いた強力な上昇相場、いわゆる「トランプ・ラリー」であらゆる株価が上がり、一時は大相場の可能性すらあったのですが、市場が現実を見始めて、残念ながらそうなる確率はかなり低いものとなりました。

これからちょっと危ないかもと思い、キャッシュポジションを確保すべく、下記2銘柄を今日売却しました。

  • スカパーJSATホールディングス(9412)
  • 名村造船所(7014)

二銘柄合わせて、手数料抜きで3,700円の利益となりました。

スカパーJSATホールディングス、-5,500円

スカパーJSATホールディングス(9412)の売買記録は下記の通りです。

  • 購入日 :2016年5月13日
  • 購入株価:533円
  • 株数  :500株
  • 売却日 :2017年1月17日
  • 売却株価:522円
  • 損益  :-5,500円

去年5月11日、決算で急落したのを見て、拾ったのがこのスカパー株でした。

当時は現物株はチャートを見ていなくて、思い返せばこれが敗因だった気がします。

急落前もこの銘柄は下降トレンド中で、拾うのは時期尚早だったと反省しています。

一時期は432円まで下落したのですが、トランプラリーで500円台まで復帰、このまま600円までいってくれればと期待したのですが、ちょっと厳しそうだと感じたため、ここで切る判断をしました。

名村造船所、+9,200円

名村造船所(7014)の売買記録は下記の通りです。

  • 購入日 :2016年11月28日
  • 購入株価:714円
  • 株数  :400株
  • 売却日 :2017年1月17日
  • 売却株価:737円
  • 損益  :+9,200円

トランプラリーに浮かれていて、ポジポジ病をこじらせて買った銘柄でした。

思い通り、最大で874円まで上がってくれて、シメシメと思ったものの、そこから急転落していつの間にか700円前半まで滑り落ちてしまいました。

キャッシュを確保する意味も含め、一度ここで売却することを決断しました。

この銘柄、チャートを見ると今も結構面白い形をしています。

この銘柄は随時監視して、機会あれば再購入しても良いと思います。

キャッシュを高めて株価下落に備える

2銘柄の損益は、

  • スカパーJSATホールディングス・・・-5,500円
  • 名村造船所(7014)・・・+9,200円

合計で3,700円の利益となりました

また、この2銘柄を売却することにより、約55万円の現金を確保することができました。

現在、日本株用の資金は120万ほど手元にあります。

今はリスクをとるよりも、キャッシュを多めにとって様子を伺う時期だと見ています。

トランプラリーのように仕込み時が訪れるまで、おとなしく時を待ちたいと思います。

 - 実トレード