ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

好決算MSFTを139.15ドルで買い足した!

   

優良銘柄は安くなるのを待たず、積極的に買い足していった方がいいんじゃないか。

私の2018、2019年の投資パフォーマンスはイマイチで、資産が増えていない状況です。

MOやUNHのような下落中の銘柄を逆張りに近い形で買ったのが主要因でしょう。

おとなしく上昇トレンドにある優良銘柄を買った方が余程良かった。

投資の王道は逆張りではなく順張り、というわけで先日好決算のMSFTを買い足しました。

 

  • MSFTを139.15ドルで10株購入(2019/10/24)

好決算なのに動かぬ株価

2019年10月23日、マイクロソフトの決算発表がありました。

  • 1株利益1.38ドル(市場予測1.25ドル)
  • 売上高330億5500万ドル(市場予測322億ドル)
  • Azure前年比59%増
  • office365前年比25%増
  • LinkedIn前年比25%増

何も言うことはありません。クラウドに主力商品、そして交流サイト、全方位で絶賛成長中です。

完璧な決算じゃないでしょうか。

これほどの決算をたたき出したにも関わらず、翌24日の株価はほぼ動きがありませんでした。

それを見て、少額ではありますが追加購入の決断をしました。

購入株価は139.15ドルです。

MSFTは中々140ドルを超えておらず、この決算を見てそろそろ超えてもおかしくないんじゃないかと直感しました。

投資なんて結局は個々人の勘、だと私は思います。

ダメな株は見切り、優良株のみを残す!

2019年は10月に入って、MMM、MO、STZ、UNHの4銘柄を売却し、GOOG、AMZNを買い、そしてMSFTも買い足しました。私としてはかなり大きく動きました。

個別株、特に米国株は冴えない株はずっと冴えないまま、素晴らしい株はさらに素晴らしくなる傾向があるように思えます。

2018年2月15日、IBMに見切りをつけてMSFTに乗り換えたのは超ファインプレーでした。

 

関連記事>>>【脱信者】IBMに見切りをつけて、MSFTに乗り換えた!

 

とはいえ、今の素晴らしい銘柄も永遠に素晴らしいというわけではありません。

身銭を切って個別株投資している以上、ゆるやかにドライに定点観測はし続けたいと思います。

 - 実トレード_米国株