81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

後手後手のマネックス証券

      2017/06/23

マネックス証券で、7月10日より投資信託の購入・積立が100円より出来るようになります。

また、9月下旬から個人型確定拠出年金(iDeCo)のサービスを開始するとのことです。

正直、今さら感がとても強いです。

ライバルのネット証券、SBI証券と楽天証券は100円積立は今年5月よりはじめ、iDeCoサービスは去年から実施しております。

マネックス証券は1周以上遅れている感が否めません。

この証券会社、大丈夫なんでしょうか?

評判の悪いマネックス

どうも、マネックス証券は個人投資家の間であまり評判がよくないみたいです。

曰く、障害多発で品質が悪い。

曰く、インターフェイスが直感的ではない。

曰く、手数料が高い。

曰く、経営者が信頼できない。

確かにどれも分かる気がします。マネックス証券はSBI証券や楽天証券と比べてサービスの質がいまいちで、投資家の支持を得られているとは言い難いでしょう。

100円積立やiDeCoも、SBI証券と楽天証券は既に始めているサービスで、今になってようやく仕方なく重い腰を上げた印象です。

マネックス証券はSBI証券・楽天証券に大きく後れを取っている状況と言えます。

米国株関連さえしっかりしてくれれば・・・

私は米国株関連はマネックス証券を利用しています。

理由は2015年以前からすでに開設してあった証券口座だからで、投資信託や米国株を始めるにあたり問題なく使えると考えたからです。

今はSBI証券等が追従してきているものの、米国株の売買手数料はもともと業界最安でしたし、特定口座対応を最初に始めたのは(確か)マネックス証券でした。

マネックス証券は米国株売買においては使えます。

障害で売買できないケースに出くわしたことがありませんし、インターフェイス関連は慣れればどうということはありませんし、米国株手数料は今でも業界最低基準ですし、経営者に関しては気になりません。(気にする人は多分SBIでも気にするでしょう)

マネックス証券は、米国株関連さえしっかりしてくれればそれで十分です。

激しい競争を生き残れるか?

私は米国株の売買に関してはマネックス証券に大きな不満はありませんが、マイナスイメージをお持ちの投資家も多いことでしょう。

恐れているのが、投資家に見限られて、ネット証券業界の競争に敗れて倒産してしまうことです。

SBI証券は10年先も生き残るでしょうが、マネックス証券は怪しい感じがします。

個人的に、ネット証券業界のシェアを根こそぎ奪おうとするSBI証券の節操の無さは好きではありません。(だからあまり口座開設したくない)

私にマネックス証券の米国株をSBI証券に移管する作業をさせることがないよう、マネックス証券には何とか頑張ってほしいです。

 - マネックス