81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

決算で大幅下落したスリーエムを200ドルで買い足しました

      2017/07/27

7月25日の夜、米国株の値動きを確認していたら、スリーエム(MMM)の株価が大幅に下落していました。

前日まで210ドルぐらいの株価が、200ドル付近にまで下がっていたのです。

前日比5%弱の下落率です。

MMMの株主になって約1年たちますが、抜群の安定感を誇るMMMがこれほど激しく下がるのは珍しいことです。

ようやく買い場と判断し、MMMを200ドルで6株(1,200ドル)指値注文を入れたところ、無事に約定されました。

ここまで激しく下がったのは、決算の影響が大きいのでしょう。

スリーエム、前日比マイナス5.05%!

7月24日には210ドルあったスリーエム(MMM)の株価が、25日には199.39ドルにまで下がっていました。

たった一日で10.61ドル下落、パーセンテージにして5.05%も下がったのです。

スリーエムとしては本当に珍しいことです。

ここまで下がった原因として、25日(日本時間)に発表した第2四半期の決算があげられます。

1株利益は2.58ドルで、これは前年同期の2.08ドルを大きく上回る数字です。(24%増です!)

しかしながら市場予測の1株利益は2.59ドルと、わずかに届きませんでした。

これが嫌気されて、株価が下がったものと思われます。

たった0.01ドル届かなかっただけで、ここまで下がるものでしょうか!?

そもそも今年、過剰に上がっていた

上記はMMMの2017年の株価チャートです。

美しい右上がりです。

年初は178.83ドルの株価が、7月24日には210ドルまで上がったのです。

約7か月で31.17ドルの上昇、年初から17.4%も上がったことになります。

いかに前年に比べて高利益だとしても、大型銘柄でこの上がり方は少々急だったのかもしれません。

かねてよりMMM株を持っていた人たちが、市場予測に届かなかったのを見届けて、頃合いだとこぞって利益確定したため、5%以上の下落を演じたというシナリオも考えられるでしょう。

ようやくやってきたMMMの買い場

常に冴えないIBMと違い、MMMは買い足そうにも中々買い場が見つかりませんでした。

第2四半期の結果で大きく株価を下げたのを機に、ようやく買うことができました。

「押し目待ちに押し目無し」とはよく言ったものの、今回はじっと待つことによって買い場が訪れてくれました。

さらに下がろうとも、ド天井は回避できたので精神的にかなり楽です。

他の銘柄も、MMMのようにチャンスと思えば買い足しに向かいます!

 - 実トレード