81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

神戸製鋼所の余波を恐れて、三菱重工業を成行で売却した

      2017/10/11

体育の日を含む三連休中に、神戸製鋼所がデータ改ざんしたと大々的な報道がありました。

神戸製鋼所、200株のみですが私はかつて保有していたことがあり、北朝鮮関連でキナ臭い空気を感じたときに全て売却していました。61,000円の利益をゲットしています。

もちろん今回の不祥事を予感したから、などということはなく、ただキャッシュポジションが欲しかったから、それなりに利が乗っていたから、たまたま売却したにすぎません。

200株とはいえ、保有していたら危ないところでした。中々の強運を発揮したと思います(笑)。

本題ですが、関連企業と思われる三菱重工業(7011)の株を100株保有していたので、2017年10月10日に成行で売却しました。

30,200円の利益!

三菱重工業の株を買ったのが2017年9月4日のことで、株価416円で1000株購入しました。

この銘柄はPBRや過去の株価から、410円台は割安だと判断して買ったのでした。

売却した時の株価は4,462円です。

10バガー達成だ!!

というわけではなく、10月1日付で殆どの銘柄が100株単位の購入となり、1000株単位だった三菱重工業の株価も調整が入ったというわけです。

分かりやすくするために100株単位にそろえたとのことですが、正直分かり辛いことこの上ないです。1000株のままでよかった・・。

ということで、購入株価は4,160円相当になり、計算すると30,200円の利益となりました。

5000円ぐらいまで持つ予定だったが

この銘柄を持った直後は、株価5,000円程度までを期待していました。

本来ならまだ売るべきタイミングではありませんでしたが、神戸製鋼所のデータ改ざんが三菱重工業のMRJにも影響を及ぼしている可能性を危惧して、予定を早めて撤退しました。

三菱重工業は「納期に影響はない」などとコメントしましたが、信頼できません。

疑わしきは売却せよ、ということで、有無を言わさずに成行で手仕舞いをしました。

10月10日の終値は4,465円と、私が売却した4,462円とほぼ変化ありません。

私の過剰反応だったのかもしれませんが、まあよしとします。

神戸製鋼所の強度偽装の影響はマツダ・ボーイングも

そういえば、保有銘柄であるマツダとボーイング(BA)も神戸製鋼所の強度偽装部品を使っているとのこと。

マツダも切るべきだったかな・・?

アメリカ株であるボーイングは、こちらは神戸製鋼のチョンボ如きで揺らがない(むしろ超高額の損害賠償請求してきそう)と思うので、引き続きホールドです。

 - 実トレード