81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

ブラックマンデーなユナイテッド(2497)と最後までイケてないマツダ(7261)を売りました

   

株ってのは本当に思い通りにならないものです。

ユナイテッド(2497)が2017年11月6日の月曜日にストップ安となり、翌日も前日比5%を超える下落を見せました。

マツダ(7261)は日経平均株価16連騰のあった10月もダラダラと下がり続け、なお上昇の兆しなしです。

2017年11月7日、両銘柄を売却しました。

ユナイテッドは56,800円の、マツダは8,010円の利益となりました。

結構不満なのですが、まぁプラスに終わったから良しとすべきなのでしょうか。

月曜に暴落を見せたユナイテッド

メルカリ銘柄のユナイテッド株を購入!いきなり含み益2万弱!」という記事で、2017年9月29日にユナイテッドを株価2,866円で200株購入したことを書きました。

購入したきっかけはチャートでした。出来高を伴って陽線が続いており、かつ移動平均線も上向きで、完璧な上昇トレンドに見えました。

それからほぼ一本調子で上昇していき、11月2日には4,020円にまで到達しました。

この時点での私の含み益は20万円を超えていました。

しかし・・・。

3日からの三連休の最中、日経新聞が「メルカリ年内上場 瀬戸際の攻防」なる記事を出し、そこには”上場延期が濃厚”などと書かれていました。

ユナイテッドはメルカリへ出資しており、メルカリ上場期待で株価が先行上昇していたきらいがありました。

“上場延期濃厚”の報から休みが空けた月曜日である6日、ユナイテッド株はストップ安!4,020円→3,320円に下落しました。

翌7日も3,320円→3130円とかなり下げました。

20万円を超えた含み益が、たった1日で14万円も消え失せたのです。

ブラックマンデーとはこのことかと実感をしました。

不穏な空気を感じ、ひとまず逃げておこうと7日のお昼明けに成行で3,150円で売却しました。

一応56,800円も利益が出たのだからまだ良いのですが、日経の記事がなければ少なくとも20万は利益を見込んでいました。それがたった二日で含み益は1/4以下にまで減り、まるで損をした気分です。

以下、私の魂の叫びです。

日経よ、これホントに裏を取った情報なんだろうな!!

大勢のユナイテッド株主がこの暴落に心を痛めているんだ!!

誤報だったら責任取れよ!!

最後までイケてなかったマツダ

マツダに関しては、過去に3回に分けてそれぞれ100株ずつ購入しています。

 

2017年2月13日>>>イケてないマツダとスカパーをエイや!で買いました

2017年4月4日>>>3%以上下落のマツダを株価1520円で買い足しました

2017年6月19日>>>相変わらず冴えないマツダを株価1494.5円で買い足しました

 

計300株の購入で、平均取得単価は1,550.3円です。

2017年はマツダは軟調で、ただ過去の実績からすれば1,800円は超えるポテンシャルは持っているはずと踏んでいました。

辛抱強く待つつもりでしたが、10月に株価1,700円を超えて日経も調子がよくさぁこれからという時に、連騰を続ける日経平均をしり目にマツダ株はダラダラと下がり続けました。

絶好の地合で、この体たらく・・・!!心がポキっと折れました。

11月6日に株価1,635円→1,582円と一際大きく下落したのが最後の一押しとなり、投資価値無しと判断して投げ捨てました。

1,577円で売れたので、一応は利益は出ましたが、この銘柄は投資失敗だったと思います。

余程の事が無い限り、マツダ株はもう買わないでしょう。

上手くいかないのが投資

う~ん、グチみたいになってしまいましたね。

しかし投資に関して隠し事は極力しないのがこのブログの方針ですので、正直な気持ちを綴らせてもらいました。

ユナイテッドは機会があればまた買いたいです。

マツダは私と相性が悪いようなので、もう買いません。

両銘柄は上手くいかなかったですが、これが投資なのでしょう。

利益が出たのは良かったので、今回の経験を次回以降の投資に生かしたいです。

 - 実トレード_国内株