81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

日本市場がNY市場並に期待されていたら、日経平均は今頃27000円を超えている

   

先週の金曜日、6月2日に日経平均株価が待望の2万円超えを達成しました。

日経平均2万円を超えたのは2015年12月以来のことで、じつに1年半ぶりの快挙となりました。

今日5日も20,170円で終え、2万円超えをキープしています。

日経平均株価が2万円を超えていると何となく割高な気がするのですが、実は世界的に見て今の日本市場は過小評価されているのです。

もしも日本市場がNY市場並に期待されていれば、今頃日経平均株価は20,000円超えとはいわず、27,000円を超えているでしょう。

史上最高値のEPS

今の日経平均株価のEPS(1株利益)は、約1,400円です。

1,400円は日経平均株価史上で最も高いEPSであり、日経平均21,000円に迫った2015年6月のEPSですら約1,250円でした。

つまり、日経平均株価が大天井をつけたときよりも、今の方が企業の業績は良好というわけです。

にもかかわらず、今の方が日経平均株価は低くなっています。

言い換えると、日経平均の株価収益率であるPERが今の方が低い状態です。

  • 2015年6月:PER 16.5倍
  • 2017年6月:PER 14倍

現在のPERは約14倍、これはアメリカ市場と比較してもかなり低水準です。

NY市場のPERは19.3倍!

現在の日経平均株価のPERは14倍ですが、対してNY市場のPERは19.3倍です。

アメリカ市場の堅調さに加え、市場参加者の楽観的な見方がこの19.3倍というPERを記録しているのでしょう。

アメリカのみでなく、途上国のインド市場でもPERは約20倍とのことです。

つまり、日本のPERが世界的に見て低水準だといえます。

もしもEPSが1,400円、PERがNY市場と同じ19.3倍なら、今の日経平均株価は27,020円に到達しています。

もし日本市場の期待値と評価がNY市場並であれば、日経平均は27,000円を超える計算となるわけです。

とはいえ、27,000円は非現実的・・・

残念ながら日経平均27,000円はかなり非現実的な数字と言わざるを得ません。

アナリスト諸氏も日経平均27,000円なんて気前の良い予測をしている人は、今はなかなかいないでしょう。

ですが、今の日本の株価はPERが低水準であることから、世界的に見て割安なのは間違いなさそうです。

ヘッジファンド等の外資が強気に日本市場に参入してくれば、景気よく日経平均が上昇する可能性もゼロではありません。

 - マーケット状況