ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

短期間の爆益は単に運が良かっただけに過ぎないと知れ!

   

この若干きつめのタイトルは、自分に対する戒めです。

短期間で爆益・・・何をもって爆益とするかは人それぞれでしょうが、1年足らずで倍になれば大成功といえるから、1年以内に倍を本記事では爆益の定義としましょう。

私の場合、投資を本格的に始めた2015年以降、運よく2度ダブルバガーを達成しました。

しかしそれは自分の実力ではなく、ただ単に運が良かっただけに過ぎないと弁えなければなりません。

BA(ボーイング)の場合

米国株投資を始めたのが2016年3月のこと、「バフェットの銘柄選択術」を指針として消費者独占型企業を選び、そのうちの1社に旅客機製造メーカーとして圧倒的なシェアを誇るBA(ボーイング)を選択したのでした。

BAを初めて購入したのが2016年4月12日のこと、当時の株価は129ドルでした。

配当利回りも3%超えているし、数年以内に150ドルを超えてくれればいいなぁという程度の期待値でした。

ところが、2016年11月にトランプ氏が大統領選に勝利すると、軍需銘柄の側面もあるためか、明らかにBAの株価は上昇気流に乗り始め、凄まじい勢いで急騰しました。

2017年の年末には300ドル近くまで上がり、短期間で株価が買値から二倍になったのです。

BAがこんな急騰するなんて、購入当時は考えもしなかったです。

 

関連記事>>>米国株のボーイング(BA)でダブルバガー達成!

野村HDの場合

野村ホールディングスの場合は、投資というより投機の側面が強かったです。

2016年6月、BREXITでイギリスに関連深いとされる野村HDの株価が大幅下落、私は明らかに過小評価されていると踏み、この銘柄を1000株購入しました。

4か月以上経過した2016年12月、トランプラリーの援護射撃もあって野村HDの株価は6月の約2倍になり、ダブルバガーを達成したのでした。

少し前まで野村HDの場合は実力で獲ったダブルバガーとうぬぼれていたのですが、冷静に振り返ってみるとただ単にトランプラリーという運に恵まれただけだと考え直しました。

もしトランプ氏当選で市場がネガティブな反応を示したのなら、きっと野村HDの株価もBREXIT当時と対して変わらなかったことでしょう。

 

関連記事>>>野村の倍返し!株価が倍になったところで野村HDの持ち株半分を売却しました

マグレを実力と勘違いしたらおしまい

BAも野村HDも、幸運に恵まれてダブルバガーを達成したのですが、冷静に振り返ってみてただ単純に運が良かっただけです。

この結果だけで「自分には投資の才能がある!」などと慢心・増長するなど、絶対にあってはならないことと肝に銘じなければなりません。

短期間の爆益はただ運が良かっただけ・・・今後もこのことを胸に刻み込んで投資に向き合っていきたいです。

 - 投資について考える