81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

今年の漢字は「金」みたいですが、個人的には「騒」

   

年末の恒例行事、「今年の漢字」が今日発表されました。

今年の漢字はに決まりました。

正直、え??って感じで、まるでそんな実感はありませんでした。

何故金が選ばれたのかは、それは99%がリオオリンピックが開催されたからだと思われます。

個人的には“金”よりもの方が、今年を一文字で表すのにふさわしいのではないか、と一人思っています。

今年の漢字が”金”である理由

何故今年の漢字が”金”なのか、それは上述の通り、99%がオリンピック開催イヤーだからでしょう。

“金”は2000年と2012年にも選ばれており、今年で3回目です。

言うまでもなく2000年、2012年共にオリンピックイヤーです。過去の例にならって今年も”金”にしようと、多くの人がこの漢字を選択したのでしょう。

他にも、舛添前都知事の政治資”金”問題であったり、イチロー選手の3000本安打達成という”金”字塔等も理由に挙がったそうです。

確かに、そう言われてみれば納得します。

ただ、過去2回選ばれていることから、どうしてもオリンピックの比重が大きいと考えてしまいます。

4年後の2020年は東京五輪の年、2020年の漢字も高確率で”金”が選ばれることでしょう

今年の漢字を見ると、その年を振り返ることが出来る

過去10年、今年の漢字で選ばれた漢字は以下の通りです。

  • 2015年:安
  • 2014年:税
  • 2013年:輪
  • 2012年:金
  • 2011年:絆
  • 2010年:暑
  • 2009年:新
  • 2008年:変
  • 2007年:偽
  • 2006年:命

2015年は新聞やテレビといったメディアで散々議論された”安”保関連法案の安を取ったということで、納得です。

2014年は消費”税”が5%から8%へ、17年ぶりに引きあげられた年でした。これも納得。

2013年の”輪”って、なんでしょうか??ううむ、全く分かりません。

2011年は震災という非日常の出来事が起こってしまったことで”絆”の大切が再認識された年ですし、2010年は記録的な猛暑だった年で、2009年は民主党(現:民進党)に政権交代した年で政治が新しくなると期待された年、2008年はオバマ大統領のチェンジ・・・と、確かに今年の漢字を見ると、その年に何が起きたのかおおよそ振り返ることができます

2016年は”騒”がしい年だった

2016年は本当に色々な出来事が、予想外の出来事が起きた年でした。

  • 年初から恐ろしい勢いで日経平均が暴落
  • SMAP解散報道
  • マイナス金利政策発表
  • 清原、覚せい剤所持で現行犯逮捕
  • 舛添都知事、政治資金問題の責任をとり辞任
  • イギリス国民投票でEU離脱派が勝利
  • ポケモンGO旋風が世界を席巻
  • 広島東洋カープ、独走優勝
  • 米大統領選でトランプ氏が勝利

パっと思い浮かぶだけで、こんなにあります。他にも様々な事が起こり、世間を騒がせました。

相場には「申年は”騒”ぐ」というアノマリーがあるのですが、まさにこの格言通りの年となりました。

激動の2016年、個人的に今年の漢字はで決まりです。

 - 時事