ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

現金確保のためインヴィンシブル投資法人を全売却

      2019/01/29

2019年1月28日、J-REITのインヴィンシブル投資法人(8963)を全て売却しました。

2019年に入ってから初めての資産売却となります。

売った理由は今後の景気後退に備えて少しでも現金を確保したかったから、です。

あとはインヴィンシブル投資法人を信頼できなくなった、という面もあります。

  • インヴィンシブル投資法人を47,250円で11株売却(2019/01/28)

利確で終えることができた

インヴィンシブル投資法人へ投資したのが2017年7月13日のことで、買値が46,200円でした。

今回の売却株価が47,250円だったので、利益確定という形でこの銘柄への投資を終えることができました。

この銘柄を保有していた期間はおよそ1年半、もしかしたら持ち続けた方が良かったのかもしれませんが、買値を上回っているうちに利益確定して現金回収したいと思い、売却を判断しました。

 

関連記事>>>J-REITデビュー!!インヴィンシブル投資法人を購入!!

2018年イマイチだったのが悪印象

↑青:インヴィンシブル投資法人、赤:(NEXT FUNDS)東証REIT指数連動型上場投信

あと売却理由として、インヴィンシブル投資法人を持ち続けることに安心できないと感じたのもあります。

不信ですね。

長期投資するにあたり、銘柄への信頼は欠かせないものですが、ちょっと長く持てないかなと思いました。

2018年はほとんどの資産が下降基調だったわけですが、例外としてJ-REITは好調でした。

にもかかわらず、インヴィンシブル投資法人はその株価を下げ続けました。

上図の比較チャートを見ても一目瞭然、2018年後半はREIT指数と大きくかい離しています。

他のREITが上がっているのになぜ上がらないのか?

業績は特に問題はなさそうでしたが、株価が上がらないどころか下落しているのをみて信頼が揺らぎました。

分配金だって今の水準を維持してくれるか分かりません。

株価が上がらないのは私が理解していない欠陥があるからじゃないか、と疑いました。

このような気持ちを持つならば、とっとと売り払った方が良いと思い、手放す決断をしました。

景気後退に備えて現金確保

2019年は厳しい相場になると予想しており、信頼のおける資産以外は全て売却したいと思っています。

残念ながらインヴィンシブル投資法人は信頼することは出来ず、見切りをつける格好となりました。

もう間もなく到来する景気後退に備え現金を確保することができ、また利益確定という形で投資を終えることができ、まずまず満足しています。

獲得したお金はできるだけ底値で株を買うための資金にしたいと思います。

 - 実トレード_その他