81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

J-REITデビュー!!インヴィンシブル投資法人を購入!!

      2017/07/14

昨日、J-REITへの投資を検討していると記事に書きました。

思い立ったが吉日!巧遅より拙攻!というわけで、記事を公開した(2017年7月13日)その日のうちに、REITデビューしました!!

買ったのはインヴィンシブル投資法人(8963)です。

46,200円で11株購入、508,200円を新規に投じることになりました。

買ったのはインヴィンシブル投資法人

初めて購入したREIT銘柄に選んだのは、インヴィンシブル投資法人(8963)でした。

インヴィンシブル投資法人は2014年からホテルに注力しており、同年から資産規模が倍増、個別銘柄の中では中規模の時価総額を誇っています。

REITだからといって買うにあたり特別な処理は必要なく、株を買うのと全く同じ感覚で買えました。

即ち、国内株のメイン証券であるライブスター証券で指値の金額を設定して、特定口座を選び、枚数を選択して、あとは約定するのを待つだけでした。

株価46,200円で11枚購入です。

11枚という中途半端な数にしたのは、約50万円相当の投資としたかったからです。

自分としては結構思い切って投資したと思います。

インヴィンシブル投資法人への投資理由

上記はインヴィンシブル投資法人の過去5年間の株価(投資口価格)と利回りのグラフです。

JAPAN-REIT.COMから拝借してきました。

REIT関連の情報は、主に同サイトから取得できます。

この図を見ると、インヴィンシブル投資法人は2016年春から丸一年以上下降トレンドにあり、また反比例する形で利回りも上昇していることがわかります。

実績を見ても、特に派手に利益や分配金が減少したわけでもなく、何故株価が下がり続けたのか具体的に説明できません。

素人なりの推測は、同法人はホテルメインだから、インバウンド需要が旺盛であった2015年に実力以上に価格上昇したものの、陰りの見えた2016年に行き過ぎた価格に調整が起き、2017年に東証REIT指数の軟調に引きずられる形で低迷した、というシナリオです。

時価総額はそれほど低く無く、業績も分配金も堅調、そして利回り6%を超えた、ということで、同法人の購入を決断しました。

利回り中心で考える

REIT資産は分配金による利回りメインに置きます。

よって、米国株のように定期的に買い足すことはせず、魅力的な利回りの値段になるまで買いには動かない予定です。

この日、新たにREIT投資家としての一歩を踏み出しました。

REITはまだまだ未知の世界、新たに勉強をしながら時期を見て徐々に資産を増やしていきたいです。

 - 実トレード