ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。(旧ブログ名:81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える)

*

もし集中投資をするなら、この6銘柄だ!

   

自信が無いので分散投資せざるを得ない」に書いたとおり、投資先や自分自身に対して自信を持てないので、分散投資を基本方針としています。

しかしもし、必ず集中投資をしなければならないのならば・・・。

私は以下の6銘柄を選びます。

  • JNJ(ジョンソン・アンド・ジョンソン)
  • MMM(スリーエム)
  • MSFT(マイクロソフト)
  • V(ビザ)
  • NVDA(エヌビディア)
  • BABA(アリババ)

集中投資を標ぼうしているくせに6銘柄は多いのかもしれませんが、これ以上は削りきれません。

現在は2つのETFと14の個別銘柄に分散投資

米国株関連に限っては、2018年3月19日現在、ETFは以下の2種を、

  • VOO
  • VYM

個別銘柄は以下の14種を保有しています。

  • AAPL(アップル)
  • JNJ(ジョンソン・アンド・ジョンソン)
  • BA(ボーイング)
  • DIS(ウォルト・ディズニー)
  • MMM(スリーエム)
  • MCD(マクドナルド)
  • BABA(アリババ)
  • NVDA(エヌビディア)
  • AMZN(アマゾン)
  • V(ビザ)
  • MSFT(マイクロソフト)
  • FB(フェイスブック)
  • GOOG(アルファベット)
  • COST(コストコ)

紆余曲折を経て、約2年かけてたどり着いたポートフォリオです。

今後変わるかもしれませんが、現時点ではこれで様子を見る予定です。

セクターも程よく分散されているし、増配銘柄と無配銘柄も組み入れた、分散効果が期待できるポートフォリオだと自分では思っています。

絞り込んで6銘柄に!

この中から特に保有し続けたいと思う銘柄を絞り込んでいきます。

冒頭のとおり、以下の6銘柄が残りました。

  • JNJ(ジョンソン・アンド・ジョンソン)
  • MMM(スリーエム)
  • MSFT(マイクロソフト)
  • V(ビザ)
  • NVDA(エヌビディア)
  • BABA(アリババ)

JNJやMMMは50年以上増配した実績のある、老舗の優良銘柄です。単に増配記録を持っているだけでなく、緩やかながら増収・増益の傾向があり株価も安定しています。

 

関連記事>>>【配当王】50年以上連続増配って、本当に凄いことだよ

 

VとMSFTは配当金よりも株価の伸び具合に着目しました。

キャッシュレス社会がより進むだろうから、国際ブランド最大手のVは今後も伸び代十分、MSFTはアップルやグーグルの後塵を拝していたもののサティア・ナデラCEOによるビジネスの取捨選択に成功、息を吹き返してハイテク最大手に返り咲きつつあります。

そして第四次産業革命に欠かせないGPUにおいてライバル他社の追随を許さないNVDA、中国の雄・BABAといった伸び盛りの成長企業もフォローします。

 

関連記事>>>【アリババ・テンセント】中国企業の圧倒的実力に度肝抜かされた!!

あれ、意外と悪く無いぞ!?

ここまで書いてみて、この6銘柄だけでもかなりバランスのとれたポートフォリオじゃないかと思えてきました。

もしかしたらこの6銘柄にVOOなどのETFを足すだけで、十分に分散になるのかもしれませんね。

こういった想像も楽しいのですが、現実には多少の含み益もあることですし、売買手数料もバカにはできないので、すでに保有している14銘柄+2ETFでしばらくは様子を見る予定です。

 - 投資について考える