ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

ヒマな投資って最高だと思う

      2018/05/21

日本株も米国株も決算シーズンを迎えています。

自分の保有銘柄に関しては簡単に目を通すレベルでチェックしており、うれしいことに悪い決算を出したのが米国株のMMM(スリーエム)ぐらいであとは日米両銘柄ともに良い決算を発表してくれました。

MMMは今までの貯金があるから、今回悪い決算を出したらかといって特にアクションするわけでもなく、何もしません。

その他の銘柄も良い決算を出したからと言って、それを理由に買い増すこともしません。

地合は回復気味で決算も良いから、何もしなくても資産が徐々に増えていっています。

何もしない暇な投資・・・怠惰な自分にとって、最高のシチュエーションだと思います。

 

関連記事>>>投資が趣味って最高だと思う

動きすぎた11月~2月

2017年11月から2月までの間、米国株ポートフォリオの一大改造を行いました。

★ポートフォリオに組み入れた銘柄

  • BABA(アリババ)
  • NVDA(エヌビディア)
  • AMZN(アマゾン)
  • V(ビザ)
  • MSFT(マイクロソフト)
  • FB(フェイスブック)
  • GOOG(アルファベット)
  • COST(コストコ)

★ポートフォリオから外した銘柄

  • PFE(ファイザー)
  • GPS(ギャップ)
  • PG(P&G)
  • KO(コカコーラ)
  • IBM(IBM)
  • PM(フィリップモリス・インターナショナル)

現在の保有している米国株銘柄数は14銘柄ですので、わずか4か月でほぼ半分も入れ替わってしまったことになります。

何も好んでこんな派手に動いたわけでなく、考慮して取捨選択した結果として、このような入れ替えが発生したということです。

しかしそれでも動き過ぎのきらいがあるかもしれません。

 

関連記事>>>【米国株】4つの観点から、PGとKOを売却しました

関連記事>>>最近手放した米国株はどれも高配当株ばかり

動くのは勇気がいることだけど、動かないのは楽だ

ポートフォリオの組み替えって結構勇気のいることなんですよね。

新しく入れた銘柄が期待通りのパフォーマンスを得なかったらどうしよう?

手放した銘柄が大幅上昇したらどうしよう?

買ってすぐ暴落したらどうしよう?

ネガティブなことばかり考えてしまいます。

しかし動くということは、リスクを取ってまで変える必要があるということであり、自分としてはこのままではマズイかもと思い立ったから、昨年11月から2月にかけてリスク承知の上でポートフォリオを組み替えました。

反対に動かないというのは、流れに身を任せるだけですので楽です。

3月から5月現在まで殆どアクションを取っていませんが、本当に楽だと実感しました。

ヒマな投資、最高!

ひとたび自分の理想となるポートフォリオを構築しさえすれば、あとは決算内容を少し見るだけで殆ど売買判断をすることが無くなります。

定期的に決まった額を機械的に投資するとか、ポートフォリオの比率が低かったり株価が下落気味の銘柄を買い足すとか、一定のルールに従っての判断しか要らなくなります。

もちろん完全な思考停止はダメで、ずっとこのポートフォリオのまま行くかはまだ不明なのですが、いまのところ大きく動く予定はありません。

あまりやることがないけど、少しずつ資産が増えていくヒマな投資って、投資の理想系の一つじゃないかと思います。

 - 投資について考える