ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

連れ安GOOG株を成行で買い増し

      2018/09/05

2018年3月29日、GOOG株を1026.44ドルで2株購入しました。

これでGOOG株の平均取得単価は1069.44ドル(4株)となりました。

2月に色々と派手に動いたので、3月は大人しく静観しているつもりでしたが、また色々と大きく下がってくれたので我慢できずに手を出してしまいました。

特に悪材料が出ていないのに目立って下がっていたGOOGに目をつけ、購入に至りました。

 

(追記) 2018年9月5日、GOOGを売却しました。代わりにAMZNを買い足しました。詳細は「1兆ドル企業になったAMZN買い増し!~GOOG売却」をご覧ください。

GOOG株の買い増し

GOOG株を買ったのが約1か月前の2018年2月23日のことで、株価1112.64ドルで2株を購入しました。

GOOGはこれ以前にも昨年11月に買っていたのですが、V(ビザ)の方が将来性を見込めると考え、Vと入れ替わりで一度手放したのですが、金利上昇に伴い高配当・低成長のPG、KO、IBMは厳しいと踏んでこれらを売却、GOOGはやはり良い企業で銘柄数に余裕も出たので再度購入したのでした。

 

関連記事>>>グーグル(GOOG)売って、ビザ(V)買った

関連記事>>>生活必需品セクター見直し!PMの代わりにCOST購入!おまけにGOOG買戻し!!

 

今回は1026.44ドルで2株購入、これで計4株保有、平均取得単価は1069.44ドルとなりました。これから先、かなり高確率で含み益に転じるでしょう。

FBショックで不当に下げてる

3月19日、FB(フェイスブック)の個人情報流出問題で、この日以降FBの株価が下がり続けています。

S&P500指数も、トランプ大統領の一部素材に関税を設ける政策による保護貿易への懸念で3月中旬以降は冴えません。

そしてGOOGもFB程ではありませんが何故か大きく株価が下落しています。

フェイスブックショックの3月19日から29日までの株価の値動きです。

  • 青:GOOG :9.15% DOWN
  • 赤:S&P500 :4.04% DOWN
  • 橙:FB :13.67% DOWN

FBの13.67%ダウンは中々インパクトのある数字です。とはいえ、ネガティブな問題を起こしたのにこの程度か・・・という思いもあります。きっと近々元に戻るでしょう。

解せないのがGOOGが9.15%も下げていることで、GOOGは今まで特に割高でも不祥事を起こしたわけでもありません

FBもGOOGも同じネット広告収入を柱の事業としている企業だから、

  • FBの個人情報流出 → ネット広告を嫌気 → GOOGも嫌気

この図式が成立して10営業日足らずで9.15%下落を示現したのではないでしょうか。

絶好の買い場

しかしファンダメンタルにただちに影響がある問題とは思えないんですね。

企業は商品を作ったら売るために必ず広告を打つ必要があり、安価な費用で済むネット広告は今後も使われるだろうから、したがってFBの流出問題でネット広告が劇的に減ることは考えられません。

今はGOOGも、それにFBも買い場と見ます。

もう少し静観して、GOOGもFBも買うのに魅力的な株価が続くなら、また購入を検討します。

 - 実トレード_米国株