ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

【ネタバレ有】ドラゴンクエスト ユア・ストーリーの感想

   

遅ればせながら、「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を同級生達と見てきました。

私たちの世代はドラゴンクエストと共に育ったといっても過言ではない世代、この作品の上映が決まった時から見に行こうと予定を立てていました。

ネット上ではいろいろと話題になっているようですが、一切の情報を絶って何も予習せず真っ新な状態で鑑賞に向かいました。

以下、ネタバレ有で簡単に感想を綴りたいと思います。

ネタバレが気になる方はここで引き返して頂いた方が良いでしょう。

原作を愛するが故、やや強い表現を使っています。ご了承ください。

改めてドラクエ5のシナリオの質の高さを実感する

この「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」は「ドラゴンクエスト5 天空の花嫁」をベースにしています。

ドラクエファンにはご存じの通りドラクエ5はドラクエシリーズの中でもトップクラスの人気作で、主人公の人生を少年時代から描いた壮大なストーリーに加え、シリーズ初の「仲間モンスター」の実装、そしてドラクエ4までは常識であった主人公=勇者の図式を覆すという、新しい要素をたっぷりと盛り込んだ傑作になっています。

ドラクエ最高傑作は?と問われたら、きっと「ドラクエ3」とこの「ドラクエ5」が半数を占めるんじゃないかと思います。

私もこの「ドラクエ5」が一番好きです。

 

今回の映画は基本的に「ドラクエ5」の原作シナリオに沿って進行します。

パパスとの旅、ゲマとの邂逅と父親の死、奴隷生活、ドラクエ5最大イベントである結婚、子供の誕生、石化、探し求めた勇者との出会い、幼少期の自分とのふれあい・・・。

ゲームとは大分設定が違うものの、ドラクエ5の名シーンがクオリティの高いCGで再現されており、改めてドラクエ5のシナリオのクオリティの高さを再認識しました。

特にゲマのCGなんて原作の3倍くらい気合が入ったデザインになっており、敵役としての憎たらしさが倍増しています。

面白い!

原作とは違う部分(グランバニア国が出てこない、娘がいない、など)が気にならないことはないけど、これはこれで映画版の作品として十分な出来じゃないかと評価するところでした。

ラストシーンを除いては。

誰がこんなオチを望む?

ネット上で微妙な評価になっているのはコレが原因かと、理解しました。

全く前情報を仕入れずに見に行って正解でした。

衝撃を受けました。

良い意味では無く、悪い意味で。

実は主人公・リュカは現実世界の人間で、ドラクエの世界をバーチャルリアリティで楽しんでいる、だと!?

なんだ、これは。

ゲマを倒し、ラスボスのミルドラースが登場するが・・・。

ミルドラースがコンピューターウィルス、だと!?

一体なんなんだ、これは。

しかもコンピューターウィルスであるミルドラースが主人公に語りかけるではないか。

「現実から逃げるな」「大人になれよ」

主人公はサラリーマン、幼少期にドラクエにハマリ、大人になった今、VR技術で子供時代に夢中になって遊んだドラクエ5の世界に没頭しているという設定だったのです。

つまりこれは、この主人公はドラクエで育った私たちの分身のようなもので、ウィルスは20年以上前のゲームを原作とする映画を見る我々ドラクエ世代に対して間接的に説教をしているというわけです。「いい年してドラクエなんざ見てないで大人になれよ」と。

そう理解したとき、一瞬でカイジのこのセリフが頭に浮かびました。

何だか、興ざめしてしまいました。

ドラクエが娯楽であることは百も承知なのです。

何故このような厨二的なオチを選んだのか理解が出来ません。

例えるのならばディズニーランドに行ったらミッキーマウスが被り物を脱ぎ、素顔をさらした中の人が「ミッキーなんていないから」と告げるようなものです。

オチとして三流、興業として三流、エンタメとして三流。

奇をてらったつもりかもしれませんが、一気にB級臭が漂ってきて何とも言えない気持ちになりました。

賛否両論、といったところでしょうが、私のオチの評価は100%否、です。

素直に原作をなぞれば、それだけで名作だった!

ゲマとの対戦を終え、ミルドラースが登場するまでは間違いなく良作でした。

そこで誰得のオチをつけ、一気に質を落とした感じです。

こんなことなら、素直に原作そのままのミルドラースを出して、やっつけて、「結婚ワルツ」を流して、パパスとマーサが天から見守る姿を描写してFin、で良かった。

何も変なオチをつける必要は無く、無難にやるだけで良作に成り得た。

それだけに残念です。

結婚のシーンとか、幼少期の自分との会話とか、泣きそうになるほど感動したというのに。

最上級の原作シナリオに厨二エキスを流し込んでキワモノとなったのが「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」です。

この映画はゲマを退治しておしまい、と脳内保管しておきます。

それだけなら間違いなく良作、見て良かったと思えます。

 - 雑記