ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

米国株のボーイング(BA)でダブルバガー達成!

   

株価が買値の2倍になることをダブルバガー、10倍になることをテンバガーと呼びます。

テンバガーは中々達成する機会がないでしょうが、ダブルバガーであれば投資初心者でも十分に狙えます。

ダウ構成銘柄のボーイング(BA)を2016年から保有しており、このBAが買値の2倍になっていました。

ボーイングでダブルバガー達成です!

なお、ダブルバガーのスペルは”double Bagger”で、ハンバーガーのダブルバーガーと同一視してしまうかもしれませんが、あちらのスペルは”double burger”で別物です。

トランプ相場で急騰したボーイング

上記はボーイング(BA)の過去3年間の株価チャートです。

2014年~16年の半ばまでは100ドル~140ドルをフラフラしていたうだつの上がらない銘柄でした。

私が米国株個別銘柄に投資した2016年、色々と個人ブログを参考にしたのですがBAを買っている人は殆どいませんでした。

しかし、「過去の株価は基本的に右上がり」「配当利回りが3%前後とまずまずの水準」「航空機+軍需産業の消費者独占型企業であること」から、この銘柄を長く持っていれば相当の確率で儲けることができるだろうと判断し、購入に至りました。

これまでパっとしなかったBA株がトランプ大統領就任から覚醒、2016年11月は株価140ドルだったのが、1年1か月経過した2017年12月25日には株価295.10ドルと倍以上に変貌しました。

これほど急激にBAの株価が上がった理由は正直よく分かりません。

過去数年間停滞している中で溜まっていたものが、トランプ就任をきっかけに一気に噴き出た印象を受けます。

BAの平均取得株価は約142ドル

証券会社のサイトを確認すると、私のBA株平均取得株価は約142.42ドルでした。

現在の株価が295.50ドルですので、見事に倍になっています。

140ドルから170ドルぐらいになった時でも、ちょっと上がり過ぎなのではと心配していましたけれども、今では300ドルの一歩手前まで到達してしまいました。

ただ、BAは資本財セクターの宿命なのか景気循環の波の影響を受ける銘柄で、リーマンショックのときは株価100ドルが30ドルにまで下がっています。

だから場合によっては、今後200ドルを割りこんでしまう可能性だって大いにあるでしょう。

ダブルバガーは2015年以降、これで2回目

2015年以降、投資を本格的に取り組んでからダブルバガー達成はこれで2回目になります。

1回目は2016年12月、国内株の野村HD(8604)です。

BREXITが起き、関連の深い銘柄として野村HDは市場から嫌気され、株価はPBRが0.5倍ほどにまで下がりました。これはさすがに売られ過ぎだと思い、株価358.9円拾ったら、わずか半年で株価はみるみる回復し、12月には720円をつけていたというわけです。

野村HDにせよ、BAにせよ、マイナー銘柄ではなく誰もが知る大通りの銘柄です。

成長株を苦労して見つけなくても、誰もが知っている銘柄でもダブルバガーは達成できると身を持って実感しました。

2016年は野村、2017年はBAと来たのだから、この勢いのまま2018年もダブルバガー達成できればうれしいです。

 

関連記事>>>野村の倍返し!株価が倍になったところで野村HDの持ち株半分を売却しました

 - 米国株