ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。(旧ブログ名:81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える)

*

106.59円でドルが買えちゃった

   

2018年も昨年に引き続き、毎月15日になったら機械的に(ただし人力で!)ドルを購入する予定です。

2月15日ということで、忘れずにドル買いを実施しました。

最近急激にドル安が進んでおりますが、ダボハゼの如く買おうとはせず15日まで待ちました。

ルールを守ったご褒美なのでしょうか、何と1ドル106.59円でドルを買えてしまいました。

 1ドルあたり106.59円で購入 

今月は229,113円を用意できました。例のごとく前日にマネックス証券のサイトにアクセスしてドル転指示を出しておきました。

これが、2,144.44ドルとなっていました。

計算すると1ドルあたり106.84円、うち0.25円が手数料ですので、106.59円のレートでの為替振替となりました。

いやあ、びっくりです。

ほんの1か月前に買った時は「2018年初のドル購入!110.65円でドル転成功!!」のタイトル通り、1ドル110.65円でした。

わずか1か月の間に4円も円高が進んだことになります。

やっぱり予想なんて当たらない

2018年が始まった直後、相場展望として今年は107円~115円のレンジ相場と予想しました。

2017年は107円~115円のレンジ相場でした。

今年も似たような動きとなるのではないでしょうか。

FRBが利上げしても、日経平均が上がっても、円安には倒れませんでした。

かといって円高もどうか?ブラックスワン、予想外の出来事が起きない限り、107円を下限にとどまりそうです。

よって、今年も107円~115円のレンジ相場と予想します。

2018年の相場はこうなる!

はい、外れ!107円を下回ってしまいました。

為替が大きく動くトリガーとなったのは2月2日に発表した米雇用統計の賃金の上昇率で、前年同月比2.9%増と2009年6月以来の上昇率となり、これが市場の想定以上にインフレが進むのではと懸念されました。

  1. インフレ懸念
  2. ドルの価値が下がる
  3. ドル安
  4. 円高

このようなメカニズムで、スルスルと円高が進んだのでしょう。

しかし106円とは驚きです。全く想定していませんでした。

やはり素人の予想なぞ当たりませんね。

円高トレンドが続く、かも?

こうなった以上、円高(というよりドル安)は106円では止まらず、100円近くまで下がることもあり得るでしょう。

100円は2016年6月の英国民投票でBREXITが起きたときと同じ水準です。

この時も相場は荒れて一時100円を割れましたが、結局のところ100円まで戻りました。

心理的にも物理的にも相当強い境界線が100円にはあると見ます。行くところまで行っても、100円でさすがに止まるでしょう。

・・・素人の予想なぞ当てにならぬ、と書いておきながら予想じみたことをしてしまいました。

とにかく、まだ円高が進む可能性は大いにあると思っているので、焦ってドル転はせず、冷静に市場を観察したいです。

 - 実トレード_為替