81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

円安など気にせず無心で3カ月ぶりに20万円分のドルを購入しました

   

トランプ相場で一方的に円安が進んでいます。

105円がいいところだったドル円為替が、大統領選以降は明確な円安トレンドが表れ、今や1ドル117円ほどとなっています。

ある程度ドルのストックはあるのですが、来年以降も米国株を買い続けるためにはまだまだドルが必要です。

6月~9月はかなり良い、というより、神ってたタイミングでドルを買えたのですが、ここまで円安が進んでしまえば、為替がどうなるか予想するのはあまり意味の無いことだと思い始めてきました。

こうなってしまったら、えいや、でドルを買ってしまおうと腹をくくり、円安とかそんなものは無関係に、今日20万円分をドル転しました。

前回のドル購入が9月26日のことなので、約3カ月ぶりのドル買いとなります。

神ってるタイミングでのドル買いはもう狙わない!

今年の6月~9月は本当に素晴らしいタイミングでドルを買うことができました。

1ドル102.31円とか、1ドル100.51円とか、今となっては信じられないほどのお値打ち価格でドルを買うことができたのです。

私としては、かなり思い切ってのドル買いであったため、もっと円高が進むのではないかとの不安はありましたが、結果としては最高のタイミングの購入となりました。

ところがトランプ候補の勝利から風向きが変わり、物凄い勢いでドル高が進むこととなりました。

1ドル107円でも、円安が進み過ぎだと思ったものです。

それが107円など単なる通過点にすぎず、+10円も円安が進展することとなりました。

本当に私が神ってるのなら、107円くらいの時にジャブを出しているはずですよね。

それが、107円の時は、105円~110円くらいのレンジ相場だろうから、105円くらいになるときが来るだろうと、勝手に思い込んでいました。

そうやって見合わせている内に、どんどんどんどん円安が進むことにになり、気が付いたら115円とか116円になっていたというわけです。

為替を読むのは無理だ!

そう悟った私は、絶好機でドルを買うことはもう諦めることにしました。

1ドル117.30円で購入

昨日のうちに、マネックス証券にて20万円分をドルに為替振替するよう指示を出しておきました。

今日確認したら、20万円が1,701.40ドルになっていました。

計算すると、1ドルあたり約117.55円、0.25円が手数料なので、実質は1ドル117.30円でのドル購入となりました。

数か月前は100円台とか、102円とかだったのに、円安が進み過ぎですね・・・。

でも、仕方ないです。

市場がそうなっているのだから、個人投資家は従うしかありません。

ドルコスト平均法でドルを購入!

来年からは、毎月15日前後に20万円or30万円をドル転しようと検討しています。

1ドルいくらかは全く考慮せず、ドルコスト平均法で機械的にドルを買います。

今、マネックス証券には180万の現金があります。

ひと月20万なら9か月分、30万なら6か月分の購入余力があります。

いずれにせよ、今のままでは来年分のドル用資金が足りないので、どのように現金を集めるかを考えることになりそうです。

 - 実トレード