ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

仮想通貨は投資初心者ほど儲けやすいのではないか

      2017/12/23

にわかに興味を持ち始めた仮想通貨ですが、あることに気が付きました。

それは「仮想通貨で儲けているのは熟練した投資家ではなく、むしろ相場とは無縁だった投資初心者の方ではないか」ということです。

Twitterとか見てると、これまで株式投資とかFXとかをやっていた形跡は無く、仮想通貨から相場に入ったアカウントが目立った印象を受けました。

あくまでも私の印象なので統計として正しいか確証はないのですが、そのように思えます。

 

関連記事>>>仮想通貨を買ってみることは悪いことではない

無警戒の投資初心者が勝つ相場

投資の心得がある人は、60度ぐらいの角度をもって上がっているチャートを見ると「上がり過ぎ」「近々急落する」と直感で感じると思います。

投資関連の本を読むほど勉強熱心な人は、あまりにも短期間で上昇した資産に対して「17世紀に起きたオランダのチューリップバブル」を連想したのではないでしょうか。

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶではないですが、常識では考えられない勢いで上がる仮想通貨に対して猜疑の目を向ける個人投資家も大勢いらしたはずです。

投資経験がせいぜい2年ちょっとの私でも、仮想通貨の急騰は今だけだと思ってました。(現在でも仮想通貨はいつでも急落、それこそ1/10~1/100ぐらいになりうると思っています。)

ところが、これまで投資したことの無い人はそんなことは全く知りません。

「投資?やったことない。買うタイミング?適当。チャート?見かたがよく分からん。テクニカル?何それおいしいの?そんなことより仮想通貨は儲かるぞ!乗り込めーー」ってレベルだと思います。

2017年の仮想通貨相場はそんな初心者が一番儲かったのでしょう。

事実、最も著名な仮想通貨であるビットコインは今年は右上がり、いつ買ってもホールドさえし続ければ数倍、ヘタすれば十数倍になったのですから。

問題は大儲けした後だ

私は仮想通貨で大儲けした人達のこと、あまり羨ましいとは思っていないんですよね。

なぜなら、既に10年20年のスパンで見てほぼ間違い無く勝てる米国株を中心とした株式投資に出会っているからです。

米国株を中心とした株式投資は非常に優れた資産形成方法で、その実績は歴史が証明しています。

対して仮想通貨は今後どうなるのか全く分かりません。

2017年のように延々と上がり続け、儲け続けられるなら良いのですが、いつか打ち止めの時が来ます。

仮想通貨投資の真の成否が分かるのはそのときです。

今年大儲けした仮想通貨長者達は、脱投資初心者となった来年以降にどのように振る舞うのかで、天国と地獄ほどの差が出そうな気がします。

 - 仮想通貨