81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

キヤノンから配当金!1年で11,954円ゲット!

   

一週間ほど前のことですが、キヤノン(7751)から配当金を受け取りました。

あれ、この文章、前にも書いたことがあるぞ!?

実は約半年前の2016年9月5日にも、キヤノンから配当金を受け取った記事を書いていました。

今回受け取った配当金は手取りで5,977円です。

1年でキヤノンから受け取った配当金は11,954円になりました。

キヤノンからの配当金受け取り情報

今回キヤノンから受け取った配当金情報は下記の通りです。

  • 所有株式数:100株
  • 1株あたりの期末配当金:75円
  • 配当金額:7,500円
  • 税額合計:1,523円
  • 支払金額:5,977円

最低単元の100株しか所有していないのに、手取りで5,977円も貰えました。

しかしこうやってみると税金が高いです。

所得税+不幸特別所得税で15.315%、住民税で5%、計20.315%も引かれてしまいます。

税金が無ければ7,500円ですので、ちょっと損した気分になるのですが、納税は国民の義務だからこればかり仕方ありません。

なお、今回は受け取ったのは期末配当ですが、昨年8月下旬にも中間配当金を同額頂いています。

つまり、この1年でキヤノンからもらった配当金は、

5,977円 × 2 = 11,954円

で、11,954円にもなります。

利回りは脅威の手取り3.58%!

キヤノン株は2016年3月9日、株価3,334円の時に購入しました。

優れた配当金と将来性からキヤノンとは長い付き合いになるかもと予感していましたが、やはり1年以上ホールドし続けることとなりました。

今日時点(2017年4月10日)で、キヤノンの株価は3,473円ですので、買った時よりも株価が値上がってくれています。

2016年半ば株価3,000円割れでずっと含み損でしたが、トランプラリーにより含み益に転じました。

短気を起こさずにホールドしてよかったです。

さて、私がキヤノンに対して投資した総額が 3,334円×100株=333,400円 になります。

1年で受け取った配当金は上述の通り11,954円です。

1年間の利回りを計算すると、

11,954円 ÷ 333,400円 × 100 = 3.58%

驚きの3.58%です!

利回りは普通は税金支払い前を指すのですが、今算出した3.58%は手取りの利回りです。

グレイトです!

そこらの米国株より、よほど優秀ではありませんか!

もうちょっとホールド

日本株は中短期で回転させる予定でしたが、何だかキヤノンは持っていて居心地がいい銘柄です。

手放すのが惜しくなってきました。

多分、今しばらく持ち続けることになります。

もし手放す時がきたら、それは株価が4,000円くらいまで上昇した時でしょう。

キヤノン関連記事

  • 東芝メディカルシステムズ売却に関連する3銘柄を保有中だけど、今後どうしよう

キヤノンが東芝メディカルシステムズ買収したのを見て、反応でキヤノン株を買いました。

しかし東芝は一年経過して今なお世間を騒がせていますね。

 

  • 【反省】キヤノン大幅続落、他の日本株と同じく投げておくべきだった

2016年4月、国内市場の地合悪化でキヤノンも手放すべきだったと後悔を綴った記事です。

今では短気を起こさずに持ち続けて良かったと思っています。

 

  • キヤノン[7751]の配当利回りはスゴいぞ!

2016年の中間配当を貰った時の記事です。

 - 国内株