81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

カンブリア宮殿を見てひふみプラスを買った人はどうなった?

   

およそ10か月前、2017年2月16日(木)に放送されたカンブリア宮殿に、「ひふみプラス」を運営している藤野英人氏が出演しました。

「ひふみプラス」は2012年5月に設立して以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで上昇し続け、2017年2月にテレビに紹介されるまでになったというわけです。

さて、カンブリア宮殿を見て「ひふみプラス」を買ってみようと思われた方、思っただけでなく実際に買われた方もいらっしゃるはずです。

カンブリア宮殿に影響を受けて「ひふみプラス」を買った人は、果たして今(2017年12月)儲かっているのでしょうか?

 

関連記事>>>ひふみ投信の藤野社長のカンブリア宮殿でただ一つ納得できなかったこと

カンブリア宮殿OA時に3万円突破していたひふみプラス

上記はひふみプラスの基準価額のチャートです。

期間は設定日の2012年5月28日からカンブリア宮殿放送日の2017年2月16日までです。

投資信託は最初は基準価額1万円からスタートしますから、2012年5月28日は10,000円です。

それから5年近くはほぼ右肩あがり、カンブリア宮殿放送日の2017年2月16日には基準価額が30,783円になりました。

最初から投資していた人は元本が3倍に増えたことになります。

しかしここまで順調に基準価額が上がるとなると、そろそろ天井かと勘繰ってしまうもの。

ましてやテレビで取り上げられたと来ている。

これは何かのフラグで、近々急落するんじゃないか・・・。

そう疑っても仕方ないことです。

相変わらず絶好調のひふみプラス

カンブリア宮殿を見て、実際にふひみプラスを買ったとして、諸々の準備等で実際に資金投入できるのは2017年3月1日と仮定しましょう。

2017年3月1日から、2017年12月20日までのチャートは以下です。

 

 

4万円を突破しています!

2017年12月20日の基準価額は41,686円です。

2017年3月1日の基準価額は31,182円ですので、基準価額は10,504円もプラス、パーセンテージにして33%も値上がりしているのです。

行動が大切だ!

カンブリア宮殿を見て実際に「ひふみプラス」を買った人はどうなったのか?

答えは、元本が1.3倍以上に増えていました

ここで私が思ったのは、やれバブルだの、やれ天井だの、グダグダ理由をつけて何も行動しない人は何も得られず、実際に行動に移した人だけが利益を得られるということです。

思うだけではなく、ちょっとでも良いなと思ったら実際に行動に移してみる。もちろん過大にリスクをとるのは好ましくないので、常識的な範囲内で少しずつやってみる。

どのような結果になろうとも、やってみた結果、きっと何かが得られるはずです。

 - 投資信託