81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

バロンズ拾い読み「東芝は今が買い時」

   

アメリカの投資情報誌の一部を切り取って翻訳した「バロンズ拾い読み」という30ページ弱の小冊子を、マネックス証券からPDF形式で保存して時々読んでいます。

アメリカ発なので内容の殆どがアメリカの市況についてなのですが、今週の2017年2月20日号は珍しく日本の個別銘柄、それもあの東芝(6502)について特集記事が載っていました。

曰く、「東芝は今が買い時」。

果たしてその心は?

 日本では大企業の上場廃止は稀

東芝は米原子力発電子会社・ウェスチングハウス関連で7135億円もの減損損失を計上し、これにより株主資本がマイナスとなり、3月末時点で債務超過に陥り東証二部に降格される見通しであることは、報道によって知られるところです。

多くの投資家が懸念しているのは、さらにもう1年債務超過が続いた場合は上場廃止になるということです。

これに対し、「バロンズ拾い読み」は以下のような見通しを立てています。

日本では、国を代表するような大企業の上場廃止や倒産はまれな事態だ。

マッコーリー・リサーチのダミアン・トン氏は「東芝がガバナンスと株主資本に関する証券取引所の懸念を解消できれば、上場廃止になる可能性は低い」と述べ、東芝株の「買い」格付けを維持し、目標株価を315円としている。

度重なる不適切会計を冒しても、債務超過さえ解決すれば上場廃止になることはほぼ無いと言っているのですね。

世間を、そして株主を欺き続けた罪は重く、東芝は上場廃止が妥当と言えなくもないのですが、日本では東芝クラスのような大企業の上場廃止は稀だと、アメリカは見ているわけです。

そしてさらに目立つのが、目標株価を315円とかなり高めに設定していることです。

東芝のメモリー事業はカネになる

メモリー事業は東芝の稼ぎ頭で、営業利益の半分以上が主力のNAND型フラッシュメモリー製品関連によりもたらされており、このようなキャッシュフローを生み出す事業は魅力的だと指摘しています。

東芝がメモリー事業を分社化し、20%の株式を合弁事業パートナーのウエスタン・デジタルに約3000億円で売却する計画があると報じられたことにバロンズは目を向けました。

20%で3000億円なら全体では1.5兆円の価値がある計算となり、すなわち東芝のメモリー事業には1株あたり354円の価値があるというのです。

さらに、1株354円でさえも過小評価で、

競合企業のマイクロン・テクノロジーやSKハイニックスの株価のバリュエーションに基づけば、東芝のメモリー事業は1株あたり472円以上の価値があるという。

1株472円以上とまで見積もっています。

ずいぶんとまた高評価ですね。

東芝のメモリー事業の適正価値は私には全く判断できませんが、競合他社の株価と天秤にかけると、1株あたり472円以上の価値があるとアメリカから見られているわけです。

東芝のメモリー事業は物凄い魅力的でとてつもないお金になるのですね。

今の株価は過小評価されている!

「バロンズ拾い読み」の東芝特集は、次のように締めくくっています。

東芝の1株あたりの純負債は155円で、これと株価の184円(注・当時の東芝の株価)を加えると、東芝全体の企業価値は1株あたり339円となる。

従って、東芝の原子力やインフラシステムなどの事業は小幅ながら利益を上げているにもかかわらず、市場はその価値をゼロかマイナスと見積もっている。

東芝が新たな問題を発表しない限り、株価は大幅に上昇する可能性がある。

メモリー事業の価値と、原発事業やインフラ事業の価値を合わせると、東芝の株価はもっと上がってもおかしくないと指摘しています。

つまりは今の株価は本来の価値から程遠く過小評価されていると言っているわけです。

以上が、「バロンズ拾い読み」の東芝特集の大雑把な内容です。

まとめ

「バロンズ拾い読み」の東芝特集をまとめると、次のようになります。

  • 東芝が上場廃止になる可能性は低い
  • 東芝のメモリー事業はお金になる
  • メモリー事業+他事業の価値を考えるに、今の株価は安い
  • よって、東芝の株価は今後大幅に上昇する可能性がある

海外からは東芝のメモリー事業はドル箱とみなされているのですね。

メモリー事業を上手く売却できて事業再編をすれば、また株価は回復する可能性は十分にあるでしょう。

しかし、去年は医療事業を切り離し、今年はメモリー事業を切り離すとなると、東芝本体には売れる事業はもう残っていません。

バロンズも締めの文章に書いていましたが、次にまた問題が起きたらアウトです。

今回の減損で東芝はウミを出し切ったと信じられるなら、買うのもありかもしれません。

私なら、銘柄は東芝だけではありませんし、もう少し様子を見ます。

バロンズの見解を見て東芝株を買ってみるのも面白いかもしれませんが、くれぐれも投資は自己責任でお願いしますねm(__)m

 - 国内株