ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

資産状況 2020年7月

   

緊急事態宣言が解除されて一か月以上が経過、町通りに人がかなり戻ってきています。

飲食店にもしばしば足を運びますが、カウンターテーブルの間隔が広くなったり、一度に入店できる人数が制限されたりと、ソーシャルディスタンスを意識した形が目立つようになりました。

新しい日常、withコロナの時代を生きていることを実感します。

さて、恒例の資産状況棚卸です。

2020年7月1日時点の資産状況

資産評価

分類 前月比(%) 前年同月比(%)
 米国株:個別株 5.26 41.66
 米国株:ETF -0.83 20.49
 インデックス投信:先進国株 4.33 41.83
 国内株:個別株  3.58 0.80
 現金(円) -14.83 -66.93
 現金(ドル) 3.31 -23.68
 合計 2.04 8.68

前月の資産状況>>資産状況 2020年6月

資産割合

感想

全体で前月比+2.04%、前年比+8.68%でした。

4月は前月比+11.6%、5月は+4.29%ですので、過去二か月と比較すると上昇率は下がりました。

6月は上旬こそ好調なれど、中旬から一日に大きな下落のある日もあり、そのためトータルでは控え目な上昇率になったのかもしれません。

大きな下落あったときは二番底の可能性もよぎりましたが、結局は大きな調整もなく全体として6月はプラスとなりました。

底堅い相場といえるでしょう。

米国株:個別株

前月比+5.26%、前年比+41.66%でした。

6月はMCDとCOSTを買い足しました。

引き続き米国個別株は中々調子が良いです。

米国株:ETF

前月比-0.83%、前年比+20.49%でした。

売買はありません。

リスク資産の中で唯一のマイナス、おそらくVYMがさえなかったためでしょう。

インデックス投信

前月比+4.33%、前年比+41.83%でした。

毎月iDeCoでたわら先進国株を買っています。

ここ二か月、米ETFよりも好調です。

国内株:個別株

前月比+3.58%、前年比+0.80%でした。

売買はありません。

インデックスとほぼ同じ上昇率です。

現金

円は前月比-14.83%、前年比-66.93%でした。

ドルは前月比+3.31%、前年比-23.68%でした。

円貨決済で米個別株を買うので、その分円が減ってます。

ドルは配当金の分、プラスになったものと思われます。

総括

6月もまずまず良い地合の月でした。

崩れそうで崩れない、底堅い相場が続いています。

もう3月のような大波乱は中々やってこないのかもしれません。

一番底のような異常な暴落は想定から外してもよさそうです。

7月ものんびりやっていきます。

 - 資産状況