ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

資産状況 2020年6月

   

緊急事態宣言が全面解除され、少しずつですが日常生活を取り戻す機運が高まっているのを感じます。

戦後初といっても過言ではない危機に対し、まだまだ平時とは言い難いですが徐々に良い方向に進んでくれたらと願ってやみません。

さて、本ブログ恒例、月初の資産状況棚卸です。

2020年6月1日時点の資産状況

資産評価

分類 前月比(%) 前年同月比(%)
 米国株:個別株 7.73 40.62
 米国株:ETF 5.30 25.01
 インデックス投信:先進国株 6.89 45.56
 国内株:個別株  5.98 0.78
 現金(円) -11.87 -63.02
 現金(ドル) -15.92 2.45
 合計 4.29 9.92

前月の資産状況>>資産状況 2020年5月

資産割合

感想

全体で前月比+4.29%、前年比+9.92%でした。

2月は前月比-8.29%、3月は前月比-9.05%とコロナショックをもろに被弾して二か月連続で10%近くの下落をしました。

その反動か4月は前月比+11.6%と大幅アップ、そして5月も+4.29%と上昇してくれました。

4月に比べると控え目な印象もあるかもしれませんが、ひと月で+4%は凄いことです。十分地合の良い月だったといえるでしょう。

また、一年前の2019年6月にくらべて約10%も資産が増えています。

コロナショックを食らったとはいえ、一応一年間で成長した、ということなのでしょう。市場に居続けることの大切さを感じ入ります。

米国株:個別株

前月比+7.73%、前年比+40.62%でした。

5月はCOST、MA、JNJの3銘柄を買い足しました。

先月に続き、なかなか好調でした。

米国株:ETF

前月比+5.30%、前年比+25.01%でした。

NISA枠でVOOを買い足しました。

米ETFも個別株に劣らず好調でした。

インデックス投信

前月比+6.89%、前年比+45.56%でした。

毎月iDeCoでたわら先進国株を買っています。

米ETFよりも好調だったようです。

国内株:個別株

前月比+5.98%、前年比+0.78%でした。

売買はありません。

米株と似たようなパフォーマンスです。

現金

円は前月比-11.87%、前年比-63.02%でした。

ドルは前月比-15.92%、前年比+2.45%でした。

円は米国個別株の円貨決済で、ドルはNISA枠の米ETFで使いました。

総括

4月ほどの爆発力はなかったものの、5月も引き続き地合のよい月でした。

2月3月が壊滅的だったから、これくらいの揺り戻しはあっても良いでしょう。

6月もどうなるか分かりませんが、マイペースにやっていきます。

 - 資産状況