ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

資産状況 2019年12月

   

月初の棚卸記事です。

2019年もあと一ヶ月となりました。

あの記録的な大暴落からもう少しで1年が経過しようとしています。

2018年12月の大暴落を見て、いよいよ強気相場が終わったと思い2019年は身構えていたのですが、この11か月間は何事も無く過ぎ去りました。

やっぱり相場はなかなか予想出来ないですね。

資産的に2019年11月はかなり良い月となりました。

2019年12月2日時点の資産状況

資産評価

分類 前月比(%) 前年同月比(%)
 米国株:個別株 8.82 28.12
 米国株:ETF 8.57 37.81
 インデックス投信:先進国株 6.51 -52.95
 国内株:個別株  3.98 -21.95
 現金(円) 0.27 53.49
 現金(ドル) -16.05 -42.45
 合計 4.69 7.39

前月の資産状況>>資産状況 2019年11月

資産割合

感想

全体で前月比+4.69%、前年比+7.39%でした。

11月は相当に上がってくれました。

日経平均は好調、NYダウやS&P500指数は史上最高値更新と、地合は素晴らしく良かったです。

特に米国個別株がよく伸びてくれたと思います。

米国株:個別株

前月比+8.82%、前年比+28.12%でした。

今年はヘタクソな投資をしてしまった自覚がありましたが、11月のパフォーマンスはETFを上回っています。

11月は個別株でVを買いました。

去年との比較が、まだ大暴落の前である2018年12月上旬であるにも関わらず+28.12%という数字には驚きです。

しかも2018年12月上旬の為替は112円前後、今は109.5円です。

前年比で米国株はかなり上昇したということなのでしょう。

 

関連記事>>>Vを178.60ドルで買い足した

米国株:ETF

前月比+8.57%、前年比+37.81%でした。

VOOを買いました。

上述の通り11月は個別の方がパフォーマンスが上でした。

10月まではインデックスの方が上だったので、少しは追いついてくれたかな。

 

関連記事>>>VOOをNISA口座で285.64ドルで買った

インデックス投信

前月比+6.51%、前年比-52.95%でした。

毎月たわら先進国株をiDeCoで買ってます。

ログインは月に一度、完全に放置プレイです。このまま勝手に育っていってくれ!

国内株:個別株

前月比+3.98%、前年比-21.95%でした。

売買ありません。なぜいつも米株よりも弱いのか。

現金

円は前月比+0.27%、前年比+53.49%でした。

ドルは前月比-16.05%、前年比-42.45%でした。

円は配当分がふえ、ドルはVとVOO購入分が減りました。

総括

前回の総括では「米国株主になって3年半、間違いなく今が一番悪い」と感じたものですが、11月はかなりの勢いで巻き返してくれました。

もちろん、地合に大きく助けられていることは言うまでもありません。

これからどうなるのでしょう?

膨大な借金に資産バブル、世界経済失速の兆しに米中貿易戦争と気が滅入るニュースばかりで、警戒を強めている識者がかなり多い状況です。

警戒されているのに株価は上がる、よく分からない状況です。

よく分からないので、特に今は大きなアクションは取らず、遠くから市場を眺めるにとどめたいと思います。

 - 資産状況