ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

資産状況 2019年9月

   

8月が終わり、秋の気配が漂い心なしか過ごしやすくなってきた今日この頃。

月に一度の資産棚卸日です。

2019年8月、あまりにも日本株が安く思えたので、遊びでライブスター証券の余剰資金を投入してみました。

結果は残念ながら良く無く、まだまだ下げ足りなかったみたいです。

円高も進んだこともあり、8月はかなり資産が下がりました。

2019年9月2日時点の資産状況

資産評価

分類 前月比(%) 前年同月比(%)
 米国株:個別株 -3.47 4.27
 米国株:ETF -3.50 21.44
 インデックス投信:先進国株 -1.86 -69.22
 国内株:個別株  112.77 5.11
 現金(円) -46.18 66.11
 現金(ドル) 59.53 -33.94
 合計 -4.05 -2.81

前月の資産状況>>資産状況 2019年8月

資産割合

感想

全体で前月比-4.05%、前年比-2.81%でした。

ご覧の通り、2018年9月よりも資産が減りました

この一年間は何だったんだろう・・・と思わないでもないですが、確認してみたらちょうど一年前のドル円レートは1ドル111円、それに対し現在のレートは106円なので、約5円ほど円高が進んでいることになります。

私のリスク資産の7割以上がドル建てである以上、この結果は仕方がないでしょう。

ちなみに1か月前、2019年8月1日のレートは108.5円でした。

8月は株価の変動よりも為替の方が大きく動いた月になりました。

よって、円建ての計算では相応に目減りした、ということでしょう。

米国株:個別株

前月比-3.47%、前年比+4.27%でした。

8月はMOを買い足しました。

にも関わらず前月比マイナスの結果となりました。

地味に驚いているのが、一年前から4%ちょっとしか資産が増えていないことです。

結構米国株買っているつもりなのですが、この一年はほぼほぼ変わりなし、という結果になってしまいました。無駄な売却が多い証拠ですね。

 

関連記事>>>増配発表したMOを買い足した

米国株:ETF

前月比-3.50%、前年比+21.44%でした。

予定通りVOOをNISA枠で追加購入しました。

それでもマイナスなのは個別株と同じですね。

 

関連記事>>>過去最高値の261.68ドルでVOO購入!!

インデックス投信

前月比-1.86%、前年比-69.22%でした。

iDeCoでたわら先進国株を積み立てています。

米国株同様、為替に引っ張られる形で不調です。

国内株:個別株

前月比+112.77%、前年比+5.11%でした。

相場観をやしなうために中短期売買をはじめました。

退屈な相場も市場に居ることは間違いないので、手を出してみて今の相場の感触を確かめています。

今、超弱いです。

手を出しての実感なので間違いありません。日本株相場、弱すぎる。

日本株用証券口座の現金をほぼ使い切りました。

ずっと持ち続けるつもりはなく、適当なタイミングで切り上げます。

現金

円は前月比-46.18%、前年比+66.11%でした。

ドルは前月比+59.53%、前年比-33.94%でした。

円高が進んだので、ドル建てMMFを購入しました。

上述の通り、日本株購入により円をある程度使いました。

よって、円が凄い勢いで減っています。半分は使いすぎたかな・・・。

総括

膠着状態と思いきや、為替が大きく動いた月になりました。

米国株中心の身として、108.5円から106円はかなりのインパクトです。

相場が不安定になると、世界中から円が買われます。

アメリカもドル高で苦しんでいるはずなのに、日本円はドルと比べても高くなります。

まだ円高が進むと想定して、投資における最強のジョーカーたる日本円の使いどころを慎重に考えていきたいです。

 - 資産状況