ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

資産状況 2019年6月

   

資産状況公開の時期となりました。

「令和」になってからひと月が経過しました。

「2019年は厳しい年になる」とずっと思っていましたが、「平成」のうちは非常に穏やかな相場でした。

しかし「令和」はそうではなかったみたいです。

今年は元号が変わってからが本番、ということなのでしょうか。

2019年6月3日時点の資産状況

資産評価

分類 前月比(%) 前年同月比(%)
 米国株:個別株 -6.25 16.30
 米国株:ETF -4.17 47.14
 インデックス投信:先進国株 -3.51 -68.98
 国内株:個別株  -6.05 -54.09
 現金(円) 0.10 159.94
 現金(ドル) -31.67 -53.74
 合計 -5.53 1.59

前月の資産状況>>資産状況 2019年5月

資産割合

感想

全体で前月比-5.33%、前年比+1.59%でした。

2019年5月ってこんなに厳しい月だったのか!

一応毎日株価はチェックしているつもりなのですが、これほど資産が減っているとは自覚していませんでした。

おそらく円高による影響が一番強くて、集計時点では為替は1ドル108.70円でした。

ひと月前は約111.5円だったので、3円も円高が進んだ形になります。

外貨建ての資産が多いから評価額が急落するのも納得です。

米国株:個別株

前月比-6.25%、前年比+16.30%でした。

MMMを購入したのですが、そのことは関係の無いくらいマイナスになっています。

MMMの下落が特に目立つのですが、ここにきてJNJ、AAPL、STZ、MOの様子も変わってきました。

それに円高も資産の評価額を減らす大きな要因です。

 

関連記事>>>MMMを166.5ドルで拾ってみた

米国株:ETF

前月比-4.17%、前年比+47.14%でした。

NISA枠でVOOを買いました。

こちらもマイナスではありますが、個別に比べればまだマシです。

MMM、JNJ、AAPL、STZ、MOの下落に比べればインデックスの下落幅はまだ少ない方です。

 

関連記事>>>令和初投資!!VOO買い増し!!

インデックス投信

前月比-3.51%、前年比-68.98%でした。

iDeCoでたわら先進国株を積み立てています。

何かここ数か月は米国株よりもパフォーマンス良い気がします。

国内株:個別株

前月比-6.05%、前年比-54.09%でした。

売買ありません。

なぜか米国株(購入分除く)や先進国インデックスよりも下落が大きいですが、毎度の事なので諦めてます。

現金

円は前月比+0.10%、前年比+159.94%でした。

ドルは前月比-31.67%、前年比-53.74%でした。

円は配当の分だけプラスです。

ドルはMMMとVOO購入分だけマイナスです。

残りのドルが少なくなってきたので、そろそろ購入を検討したいです。

総括

ああ、平成の時代はよかったなと過去を懐かしむ、厳しい新元号初月の結果となりました。

米景気後退、中国経済減速、米中貿易戦争、BREXITと株高円安の要素が全く無い中上がり続けた4月までが異例だったのかもしれません。

やはり2019年の相場は厳しい!

このスタンスを引き続き継続します。

 - 資産状況