ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

資産状況 2018年12月

   

2018年も12月になりました。

今年は2月、10月に10%を超える下落があり、2017年と比較すると荒れた年となりました。

2018年は個人的にも2月、10月が非常にダメージの残る苦しい月で、仮想通貨で超打撃を受けた2月は前月比-6.84%と過去ワースト記録、米市場が下落した10月は前月比-4.84%と過去ワースト2記録と、苦い記録を刻むこととなりました。

11月は小康状態、小休止といった感じでしょうか。

2018年12月3日時点の資産状況

資産評価

分類 前月比(%) 前年同月比(%)
 米国株:個別株 -7.01 5.84
 米国株:ETF 10.01 44.97
 インデックス投信:先進国株 1.53 -7.73
 国内株:個別株  5.14 -11.90
 国内REIT 1.51 -1.77
 現金(円) 0.47 -15.47
 現金(ドル) 11.93 46.65
 合計 1.31 8.86

前月の資産状況>>資産状況 2018年11月

資産割合

感想

全体で前月比+1.31%、前年比+8.86%でした。

前月のマイナスが大きかった分、若干回復した感じでしょうか。いわゆる自律反発といった所でしょう。

11月は為替が安定した月で、ほぼ112円~113円のレンジで固定されていた印象です。

なので、今月は為替を考慮しない各資産の純粋な推移が得られるのではないかと思います。

米国株:個別株

前月比-7.01%、前年比5.84%でした。

11月はNVDAを売却しました。

この銘柄から何か気持ち悪いものを感じ、決算前に逃げる決断をしたのですが、結果的に正解でした。

マイナスはほぼNVDA売却分です。

なので、11月は米国個別株に変動無し、といったところです。

私の主力銘柄のAAPLとBAが相当下落したにも関わらずほぼ変動無しなので、良しとしたいです。

 

関連記事>>>決算前にNVDAを損切り~GPUはもう終わり

米国株:ETF

前月比10.01%、前年比44.97%でした。

NISA枠でVOOとVYMを買いました。

これで2018年分のNISA枠は全て使い切りました。計画通り。

買い足し分を除くと、ほんの少しだけ増えてました。

11月に限っては、私の個別株はインデックスに負けた形となります。

 

関連記事>>>VOOとVYM買い増し~感情は排除

インデックス投信

前月比1.53%、前年比-7.73%でした。

iDeCo口座で毎月2.3万円、たわら先進国株を買い足しています。

忘れずに年末調整してきました。

国内株:個別株

前月比5.14%、前年比-11.90%でした。

売買ありません。

日本株は米国株以上に好調でした。

短気を起こさずに切らなくて良かった・・・ことになるのでしょうか。

国内REIT

前月比1.51%、前年比-1.77%でした。

売買ありません。

推移を見守っているだけです。

現金

円は前月比0.47%、前年比-15.47%でした。

ドルは前月比11.93%、前年比46.65%でした。

日本円の方は配当分がプラスになりました。

ドルはNVDA売却分です。

ここ数か月は毎月現金が増えていっているので、不労所得をもらってる錯覚に陥ってしまいます。

総括

11月は平和な月でした。

平和。それ以外の言葉が見つかりません。

ああ、そういえばNVDAが暴落したけど、もはや私には全く関係のない話です。

今年最後の月、12月はどうなるでしょうか?

アノマリーでは12月、1月は最も株価が上がりやすい月と聞いています。

今回も節分天井に向かって上がっていくのでしょうか?

あまり一喜一憂せず、のんびりと構えていきたいです。

 - 資産状況