ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。(旧ブログ名:81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える)

*

資産状況 2018年7月

   

2018年も半分終わり、汗ばむ季節がやってきました。

虚弱体質の私は熱中症にならないか戦々恐々としてます。

相場の方は残念ながら季節の方とは違い、6月最終週から貿易戦争の懸念から急激に冷え込んできました。

7月は、4月以来3か月ぶりにマイナスとなってしまいました。

2018年7月2日時点の資産状況

資産評価

分類 前月比(%) 前年同月比(%)
 国内株:個別株 -5.68 -38.45
 米国株:個別株 3.01 37.28
 米国株:ETF -0.09 64.24
 インデックス投信:先進国株 2.13 24.84
 国内REIT -0.89
 仮想通貨 -31.80
 現金(円) -12.34 -31.81
 現金(ドル) 3.62 17.10
 合計 -0.95 13.64

前月の資産状況>>資産状況 2018年6月

資産割合

感想

全体で前月比ー0.95%、前年比+13.64%でした。

思ったより下がっていなかったです。下げ幅1%未満なら上出来ではないでしょうか。

国内株:個別株

前月比ー5.68%、前年比ー38.45%でした。

6月売買無しです。

あまりよろしくないパフォーマンスですね。

米国株:個別株

前月比3.01%、前年比37.28%でした。

COSTとMSFTを買い足しました。

買い足し分を除くと、前月比はほぼトントンといったところでしょうか。

6月最終週の急落でこれまでの3週間の上昇を吹き飛ばした感じです。

 

関連記事>>>決算で株価下落したCOSTを196ドルで買い増し、COSTは安心して持てる!

関連記事>>>MSFTが久々に株価2ケタになったので、99.99ドルで買い足し

米国株:ETF

前月比-0.09%、前年比64.24%でした。

VOOとVYMで構成されています。

ほぼ前月と変わりなし、です。

インデックス投信

前月比2.13%、前年比24.84%でした。

たわら先進国株をiDeCoで2.3万分買い増しています。

米国株よりも資産の上昇具合が大きかったです。6月は欧州の方が米国より好調だったのでしょう。

国内REIT

前月比-0.89%でした。

ずっと放置です。ほぼ変わりなしです。

仮想通貨

前月比ー31.80%でした。

寝ているだけでお金が減っていく~~(涙)

現金

円は前月比ー12.34%、前年比ー31.81%でした。

ドルは前月比3.62%、前年比+17.10%でした。

円で直接米国株を買いました。マイナスはその分となります。

ドルは未使用です。

総括

資産を一つ一つ見ると、戦犯が炙り出されます。

国内株と仮想通貨のおかげで、6月は資産が減ってしまいました。

世界情勢が不安になると真っ先に影響を受けるのが日本株式市場であると、今回も証明されました。

仮想通貨に関してはブームも去り、バブルも崩壊し、もはやこれまでな気配を感じます。

色々と思う所があります。

それが行動に直結するか分かりませんが、7月はもしかしたら少し大きく動くかもしれません。

 - 資産状況