ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。(旧ブログ名:81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える)

*

資産状況 2018年3月

   

3月になりましたので、資産状況を公開します。

2月はこれまでとは一転して厳しい相場となりました。

トランプラリーと呼ばれた上昇相場が始まったのが2016年11月のことで、それから15か月間はほぼ無風、平和な期間が続きましたが、2月は太平の眠りから覚めるような冷たい相場の訪れです。

私の資産も日に日に目減りしているようです。。

2018年3月2日時点の資産状況

資産評価額

分類 評価額(円)  前月比(円) 前月比(%)
 国内株:個別株 1,475,900 -1,192,800 -44.70
 米国株:個別株 8,071,334 -693,085 -7.91
 米国株:ETF 3,164,512 140,551 4.65
 インデックス投信:先進国株 2,042,820 -118,732 -5.49
 国内REIT 536,250 -11,550 -2.11
 仮想通貨 203,833 61,786 43.50
 現金(円) 3,390,811 687,742 25.44
 現金(ドル) 1,912,280 295,011 18.24
 合計 20,797,740 -831,077 -3.84

前月の資産状況>>資産状況 2018年2月

資産割合

 

感想

前月比マイナス83万円です。

是非に及ばず、円高&株安で地合が悪い時はこんなものです。

上手い人はここで空売りでも決められるのでしょうが、年間6兆円の大火力を有する日銀砲が怖くておいそれと出来ません・・。

国内株:個別株

前月比マイナス44.7%と大幅下落です。

これはチャームケアを売却したためですが、2月中まずい決算でストップ安をくらってしまい、含み益20万円が一瞬で消し飛んだことが大きいです。

現在の保有銘柄は2014年以前に購入した優待銘柄のみです。

 

関連記事>>>昇格・増資・分割のチャームケアを一度売却しました

米国株:個別株

前月比マイナス7.91%と目減りしました。

2月はPG、KO、IBM、PMといった中収益・高配当銘柄を一度手放し、新たにMSFT、FB、COSTを購入、GOOGを買いなおしてBABA、NVDA、Vを買い足しと、非常に大きく動かしました。

今月だけでマネックス証券に100ドル以上の手数料を貢いでいるでしょう。

 

関連記事>>>【米国株】4つの観点から、PGとKOを売却しました

関連記事>>>【脱信者】IBMに見切りをつけて、MSFTに乗り換えた!

関連記事>>>FANGの一角・フェイスブックに新規投資しました!

関連記事>>>生活必需品セクター見直し!PMの代わりにCOST購入!おまけにGOOG買戻し!!

米国株:ETF

前もって決めたルール通り、2月にVOOとVYMを15万ずつ買い足しました。

前月から約14万円プラスということは、新規購入の30万円を引くと16万円分、評価額が下がったことになります。

 

関連記事>>>暴落しようともルール通りに株を買う

インデックス投信

たわら先進国株をiDeCoで2.3万買い足しています。

前月比マイナス5.49%とそれなりに下がりました。

国内REIT

売買なしです。

前月比マイナス2.11%とさえなかったようです。

仮想通貨

おっと声を出してしまいました。

前月比プラス43.5%です。

リップルは相も変わらずコインチェックに拉致されているので、バイナンスにあるトロンのみの評価額です。

いつの間にかビットコインが上がっていたのですね、その影響でトロンの評価額もかなり上がりました。

とはいえまだまだ含み損、これからの巻き返しに期待です。

頑張れ、ジャスティン・スン!

現金

日本株と米国株を売却したこともあり、それぞれが前月より増えています。

相場同様、リスクオフモードです。

2月も20万円強のドル買いを実施しています。

 

関連記事>>>106.59円でドルが買えちゃった

総括

2月は厳しい相場でしたが、全体的に見るとそれほど著しいマイナスにはなりませんでした。

一番ダメージが大きかったのが、チャームケアのストップ安でしたね。

日本株はやっぱり難しいです。

米国市場も2月から一気にキナ臭くなってきました。

太平の相場はもう終わりでしょう。

2018年の厳しい相場、何とか生き延びたいものです。

 - 資産状況