81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

資産状況 2017年8月

      2017/09/01

8月になりました。夏本番ということで、猛烈に暑いです・・・。

通勤するだけで体力がどんどんなくなっていく気がします。

こんな暑い日は、家にひきこもってドラクエをするに限ります。

おっと、8月ということは、本ブログ恒例行事となる月初の資産状況公開記事を書かなければなりません。

さて、酷暑の中私の資産はどのような推移をしたでしょうか。

2017年8月1日時点の資産状況

分類 評価額(円)  前月比(円) 前月比(%)
 国内株:個別株 4,318,350 294,800 7.33
 米国株:個別株 6,745,976 317,872 4.95
 米国株:ETF 2,126,315 1,078 0.05
 インデックス投信:国内株 275,838 1,090 0.40
 インデックス投信:先進国株 1,794,860 35,619 2.02
 インデックス投信:新興国株 100,110 3,747 3.89
 インデックス投信:国内REIT 85,843 1,023 1.21
 国内REIT 536,250 536,250
 現金 11,133,189 -947,862 -7.85
 合計 27,116,731 243,617 0.91

※参考:前月の資産状況

感想

ほう、現金を除く全資産がアップしましたか。

ドル円為替レートが7月→8月で113円から110円ちょいと3円近く円高が進んだから、7月はマイナスを覚悟していました。

現金が100万近くも減っているのにも注目です。その半分が、7月よりアセットアロケーションに加えた国内REITに費やされています。

国内株:個別株

東電を売り、セラクを買いました。

セラクは計500株、東電の分を差し引くとおよそ24万円ほど新規投資した形となります。

7月で約29万円プラスですので、既に持っていた株の評価額が5万円ほど上昇したことになります。

米国株:個別株

IBMとスリーエム(MMM)を買いました。

両銘柄とも決算で下落したのを拾った形となります。

30万円近くの新規投資で、7月の上昇が31万円ほどですので、若干上昇したことになります。

3円近く円高が進んだのに、米国市場は相変わらず強いです。

米国株:ETF

7月は売買なしです。1,000円プラスでした。

ヨコヨコと言って良いでしょう。

インデックス投信

国内株・先進国株・新興国株・国内REIT、どれも上昇です。

先進国株はiDeCoで2.3万円を毎月拠出しています。

中でも最も上昇が大きかったのが新興国株で、先月比3.89%の上昇です。今年に入ってから新興国株は調子がいいみたいですね。

国内REIT

今回から初めて登場しました。国内REITです。

7月13日にインヴィンシブル投資法人を508,200円分投資しました。

国内REITはインカム狙いで投資しました。

すでに3万円近くの含み益が出ていますが、値上がりより利回りにこだわって投資していきたいです。

現金

947,862円も減っています。

7月は国内株・米国株・国内REITを新規投資して、計100万円強も費やしました。

最初はなぜこんなに減ったのかと驚いたのですが、こうやって棚卸をしてみると納得です。

あともう少しで現金が7ケタになります。

8ケタの現金が7ケタになるということで、相当額をリスク資産に突っ込むことになります。

判断は慎重に、焦ることなく、じっくりゆっくり投じていきたいです。

総括

7月は相場はこう着状態ですが、個人的に大きく動いた月となりました。

まさか1か月で100万円も投資していたとは、全然実感なかったです。

やはりブログによる資産整理は自分のためにも効果的ですね。特に私のようなズボラな人間には効果が大きいです。

ブログが無ければ7月に100万も投資したことなどすっかり忘れて、ドラクエの世界に興じていたことでしょう。

さて、8月は二年前2015年に大きく相場が動きました。

今年はどうなるのか、ドラクエボケしちゃいそうですが、何とか理性を保ち相場をチラ見し続けたいです。

 - 資産状況