81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

資産状況 2017年7月

      2017/07/04

月初となりましたので、今日は本ブログ恒例の資産状況公開日とします。

6月の相場はそれほど大きな動きは無かったのですが、日本株は3銘柄、米国株は2銘柄を買い足し、個人的に現金から株へと積極的に資産移動した月となりました。

さて、私の資産は1か月でどのような変化を見せたでしょうか。

2017年7月3日時点の資産状況

分類 評価額(円)  前月比(円) 前月比(%)
 国内株:個別株 4,023,550 558,350 16.11
 米国株:個別株 6,428,104 445,594 7.45
 米国株:ETF 2,125,237 36,757 1.76
 インデックス投信:国内株 274,748 4,652 1.72
 インデックス投信:先進国株 1,759,241 47,762 2.79
 インデックス投信:新興国株 96,363 1,854 1.96
 インデックス投信:国内REIT 84,820 -2,943 -3.35
 現金 12,081,051 -591,839 -4.67
 合計 26,873,114 500,187 1.90

※参考:前月の資産状況

感想

全般的に資産が増えています。

6月は派手な動きは無いけれど、相場が堅調な月だったといえるでしょう。

国内株:個別株

コロプラ、マツダ、スカパーの3銘柄を買いました。

どれも割安で伸び代ありと判断した上での投資です。

3銘柄合わせて約55万円の投資となりました。

これは6月の日本株の上昇額とほぼ同額です。

ということは、保有している日本株の値動きはほぼ無かったことになります。

米国株:個別株

ファイザーとギャップを買い足しました。

2銘柄を合計すると30万円ほどの投資です。

6月は44万円ほど上昇しましたので、新規買い足し分を差し引き14万ほど評価額が増えたことになります。

米国株の勢いはいったいどこまで続くのでしょう。

ここまで好調だと、いつどんでん返しが来るか少し怖くなってきました・・・。

米国株:ETF

6月は売買なしです。

3.6万円上昇しています。

こちらも米国個別株同様に堅調ですね。

インデックス投信

先進国株はiDeCoで積み立て中です。他の資産は新規で買う予定はありません。

国内株、先進国株、新興国株は増えていますが、国内REITはマイナスとなりました。

国内REIT、保有額が小さいから3,000円近くの減少となっていますが、比率だと3%以上の下落です。

まるで実感がないのですが、データで見ると6月のREITは不調だったのでしょうか。

現金

約60万円も減ってしまいました。

国内株で55万、米国株で30万つぎ込んだので、こんなものでしょうか。

投資を本格的に始めてから、着々と現金割合が減っていっています。

総括

6月は個別株をかなり買い足したものの、資産推移は穏やかなものとなりました。

今思い出したのですが、6月は日経平均が2万円を超えたり、アメリカのハイテク銘柄がちょっと下がったりと、中々インパクトのある出来事がそういえばありました。

にも関わらず、私の保有資産には大して影響はありませんでした。

2017年もこれで半分経過です。

これまでは2016年と比べると無風に等しい年です。

残り半分、大嵐が来るのか無風のまま終わるのか、引き続き市場と相対します。

 - 資産状況